イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大転倒!
2009年11月17日 (火) | 編集 |
このタイトルを見て、

「すわっ!iのRPGツクールのひとコマか!!」

などと思った人が最大2名いるかもしれないが、この数字が如実に示すとおり、完全な内輪ネタになるのでこの話を広げるのはやめておこう。


ではなぜこんなタイトルにしたか、というと、それにははっきりした理由がある。


っと、その前に、10月末に自転車を手に入れた話をしておく必要があるだろう(と書いただけで、既にオチが見えた人もいるだろうが、我慢してください。)

私の寮から大学まで、大体歩いて15分から20分かかる。これは結構理想的な距離と言えるが、何度も通っていると、もう少し短縮できないかな、と思えてくる。特に、今水曜日の授業で使っているバイオセンターという建物はキャンパスの中でもかなり遠いところにあるため、普通に大学に行く以上の手間と時間がかかってしまうのだ。K大で生活している方々は、当然ここで自転車と言う交通手段を思いつくであろうし、実際ここでも自転車に乗る人たちがたくさんいる。私もどこかで自転車が手に入らないかなあ、などと思っていた。

そんなタイミングで朗報が。私がRの支援を受けて留学生活を送っていることは、この日記を定期的に見ている人にとっては周知の事実と思うが、私の前にRの留学生で、同じ大学に通っていた(いる)というイタリア人から、「Rで買ってもらった自転車を使ってるんだけど、良かったら次に君が使わないか」というオファーを受けた。これこそまさに渡りに船。当然のごとく了承し、先日、ついに自転車を手に入れた次第である。

その後、熱を出して倒れたりして、ほとんど乗る事ができていなかったのだが、先週から再び、大学に行く時に使っている。京都と同様、街が平坦なため、非常に自転車が楽である。雨が多いので、そういう日は全く使えないのが玉に瑕だが、これはいたし方あるまい。

そんなわけで、今日も授業だったため、自転車に乗って行って来た。
問題なく大学に着き、授業を受けて、その帰り道。
逆風の吹く中、ペダルをこいていると、不意にバランスを崩してしまった。

「おっとっと」

言語化すればかなり間抜けだが、事態は意外と深刻だ。そのまま立て直すことが出来ず、左方向に傾いたかと思うと、次の瞬間、私は大地の上に投げ出されていた。

「はっ」

これまた言語化すると格好よいのか悪いのかさっぱり分からない感じだが、こんな掛け声をだし、左腕を使って受身のような感じで回転。ちょうど走っていたのが緑の芝生の横で、転倒した先が芝生だったので、特に怪我することなく、無事(変な表現だが)倒れこむことが出来た。いやはや、やはり乗りなれていない自転車は危険である。もう少しトレーニングせねばなるまい。

っと思っていると、

ぷっぷー

と車の音が。私が転がった先は車道ではないため、車が通る上では問題ないのにどうしたんだろう、と思い、そちらのほうを見てみると。。。


おおっと、コースメイトのケイト(少し年配の女性)が!!


彼女は笑顔で手を振ったあと、車を発進させて去っていった。
うーん、水曜日に会った時、これは話のネタにされるだろうか。いやいやいや、イギリス人は基本的に慎み深いし、そういうことはしないかな。どうだろう。いやいや、しかし話のネタ、話題にはできるな。何かネタにしないと損だ。少なくとも、日記のネタにはなるな。

というわけで、このネタで今日の日記を書いてみた次第である。

しかし、インフルにかかってみたり、ウイルス性の風邪で高熱を出してみたり、慣れないとはいえ自転車で転倒して(そこに車がやってきて)みたり、、、これじゃあまるで中の人が誰か別の人になったみたいじゃないか!

ともかく、今後は平穏無事に行きますように。



ちなみに「大転倒」の元ネタは、田中芳樹原作の小説、「七都市物語」より。たった一冊の本だし、面白いよ。アニメ版も秀逸(何せ主役二人が、スネークこと大塚明夫に山ちゃんこと山寺宏一だからね)。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
それは大変でしたね。でも、倒れ込んだ先が芝生だったのは強運だと思いますよ。怪我がなくて何よりです。

雨が多いと自転車は乗りにくいですよね。私も自転車購入は考えましたが、あまりの雨の多さと、イギリス人の運転の荒さを見て断念しました。車道を走るのが怖くて・・・。ひたすら歩きです。
2009/11/16(月) 23:23:15 | URL | Little Nell #-[ 編集]
Re: Little Nellさん
逆に言うと、芝生でなければ倒れていなかったかもしれません(一応走っている左側が芝生、という認識はありましたので)。
僕も、わざわざ自転車買うのはなあ、と思っていましたが、頂ける、というので、ありがたくいただいた次第です。ロックはカウンセラーの方にいただきました。このように、色々な方に色々なものをいただきながら、日々生活しております(笑)。ありがたいことです。
2009/11/16(月) 23:30:02 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
ええっ、RPGツクールの何のネタだっけ?
覚えてない(笑)

日本では自転車乗りにくい地域住んでたから、仕方ないっちゃ仕方ないよなあ。無事で何より。つーか、乗り慣れない自転車ってだけで既にかなり不安定な乗り物だもんな。
2009/11/18(水) 03:15:45 | URL | i #JalddpaA[ 編集]
Re: i
おおっと、本人が覚えていない!(笑)。確か船の上で誰かキャラ(海賊?)が「大転倒」とかいう技を繰り出していたはず。タダ良く考えると、このシーンを作ってたのは柳だったから、彼のほうが詳しいかもしれない。

そうそう、日本の家は自転車に乗ること自体が冒険みたいな場所だから、乗りなれてない。加えてこの貰った自転車、サドルを一番低くしても足がぎりぎり着くかどうか、というくらいの代物で、見た目は格好良いけど、慣れるまで乗りにくいという難点も。まあ地道に慣らします。基本平坦な道のりなので、あると便利。
2009/11/18(水) 09:41:33 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。