イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20170411:色々やったのに時間が足らないのです!
2017年04月11日 (火) | 編集 |
4月11日。




火曜日である。





今日は非出校日。
というわけで、昨日の疲れを癒しつつ、明日以降の授業の準備と研究、さらには学会関係の仕事に明け暮れた。
その他、某ゲームが現在イベント中で、プレイするとお得なことがあるので、そちらも並行してプレイ。
というわけで、1日が終わってみると、なかなかにいろいろなことができた。その意味では充実していたと言える。
が、どういうわけか、まだまだやりたいことがいくらでもある。より正確に言えば、やらねばならぬことがまだまだたくさんあるのだ。これは一体どうしたことか。。。やはり自分の持ち時間に対して、やるべきこと、やりたいことの量が多すぎるのか、、、
とりあえず今週は明日と明後日に最初の授業があるので、とりあえずはそれをこなしつつ、空いてる時間で一つずつこなしていくとするか。



夕食は先日、5つ買うと一つもらえるキャンペーンで購入した、セブンのレトルトのハンバーグ。
別途購入したもやしやポテトを痛め、野菜を用意して、それなりに見た目が良くなった。





前述のハンバーグ、電子レンジかボイル(湯煎)で調理するのだが、私はそういう場合は基本的にボイルすることにしている(やはり電子レンジだとどうしても味が落ちるのだ)。で、パッケージによると、熱湯8分ということなのだが、私の経験から言えば、この時間を厳密に守ると、かなり緩い、というか、まだまだと言いたくなるような具合のハンバーグになってしまう。そりゃそうだろう、「要冷蔵」の商品なので、温めを開始するスタート時点で、相当冷えているのだ。それを、いくら熱湯とはいえ、規定の時間だけで暖かくならないのは当然だろう。これまで、3分足してみたり、5分足してみたり、いろいろな方策を取ってきたが、結局のところそれでは全くダメだということがよくわかった。結局のところ、1番いいのは規定の倍の時間ボイルして、なおかつ蓋を閉めておくのが良い。蓋が開いていると湯気が上から逃げるため、うまく温めることができないためである。これがわかってから、比較的美味しくレトルトを食べることができている。最近はレトルト系の料理も進んできたので、どうせならうまく活用して、なおかつ美味しく食べて英気を養っていきたいところである。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。