イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20170410:なぜ1限の前の日は眠れないのか考えるのです!
2017年04月10日 (月) | 編集 |
4月10日。



月曜日である。



10日で月曜日で、という日付の良さだろうか、この日から授業の始まる大学は多いと思う。
かくいう私の勤務先も、今日が前期の授業開始日。月曜日を担当する私に取っても今年度最初の授業、というわけで、3コマこなしてきた。


と、その前に前夜の話を。
よくわからないのだが、こちらに赴任して最初の年の後半あたりから、1限の授業の前日にあまり眠れなくなった。
それ以前はそんなことはなかったのだが(そもそも寝付きは良い方なので)、一度そういうことになると、やはりどうしても気にしてしまい、ますます眠れなくなってしまった。いわゆる悪循環である。その時は博論を書いていたので、そのストレスもあったのだろうと深くは考えていなかったが、その後博論を提出後もこういうことが起こったので、別の原因を考える必要がありそうだ。


まず考えられるのは、30代に入って睡眠の質が変わったということ。まあ30代に入ったのは随分昔のことなので、今更感はあるが、昔とは睡眠の質が違う、というのは正しいかもしれない。
他には、職業病とも言える姿勢の悪さがあるかもしれない。姿勢が悪いとどうしても肩や腰に負担がかかり、肩や腰が凝る。そうなると自然と頭痛も発生するし、当然眠りにも影響があるだろう。
そして何よりも、昔と比べて経験を積んだことで逆に緊張もするようになった、ということがあるのかもしれない。どういう風に授業をするか、というのは、昔はともかく経験がなかったので、最終的には「ともかくやるしかないな」くらいの意識で寝ることができたのだが、最近は、「ああした方が良いだろうか」「いや、あの時はこうだったので、こうした方が良いか」「いやいや、、、」という具合で、下手に経験があるばっかりに、いろいろな可能性を考えてしまうのだ。頭の中を空っぽにすれば、と思うかもしれないが、そういう作業はドラゴンボールの主題歌くらいで、現実にやるのは難しい。

とはいえ、放置もできない。何しろ、月曜日は3コマなので、しっかり寝なくては体力がもたないのだ。今季は幸いなことに1限の授業は月曜日だけなので、ここ数年の中では最も楽なスケジュールかもしれないが、続くとこちらとしてもしんどいのでなんとか考えねばなるまい。


さて、そんなこんなで今日はしんどかったのだが、久々に注文したお弁当がとても良かった。





我ながら撮影に失敗したため、写真が縦になってしまっているが、見ての通りエビフライやらピラフやらで、なかなか豪華なお弁当である。
前にもアップしたかもしれないが、私はこちらに来て以降、朝から授業がある日はここのお弁当を注文している。日替わりなので、日によって当たり外れがあるのだが、今日はなかなかにあたりの日だったと言えるだろう。
こういう感じだと、次の弁当が楽しみなってくる。
そして個人的にはこういう小さなことを楽しみにしておくのが、前述の眠れないのか現象の解決の一助になるのでは、と思うところである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。