イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20170303:ひな祭りなのです!
2017年03月03日 (金) | 編集 |
3月3日。


金曜日。言わずとしれた、ひな祭りである。


とはいえ、我が家には小さい女の子など、誰一人として存在しないので、特に関係なし。
おまけに、我ながら極めて怠惰な一日となってしまった。何しろ、文字通り「一歩も」家からは出ていないのだから。


今日は朝ゆっくりとして、昼から少し作業。そのまま夜になって今に至る、という感じで、まさに何も書くことがない有様である。
我ながらもう少し有意義に時間を過ごしたいところ、と思うのだが、どういうわけか、気づいたら時間が経過しているという状態である。もう少しなんとかしたいところ。


さて、冒頭で書いたように、今日はひな祭りの日。
せっかくだからということで、我が家のメニューはばら寿司と相成った(ばら寿司と全く不釣り合いなものも写っているような気がするが、気にしない!)


ばら寿司



昔、私はばら寿司があまり好きではなかった。それはそうだろう、子供の好きなものといえば、カレーやらハンバーグやらとんかつやら、ともかく、そこそこパンチのある食べ物と相場が決まっている。それにくらべてばら寿司は、まず名前が地味だし、全体に比較的あっさりしていて、とてもパンチのあるメニューとは言えない。そもそも肉が入っておらず、かなりヘルシーなメニューである。そりゃ、昔の私がそれほど好きでなくても仕方がない。

ところが、今日改めて食べてみると、なかなかどうして、非常においしい。気づいたら自然とおかわりもして、基本的にこれだけでお腹がいっぱいになってしまった。昔の私であれば、まずありえない話である。しかも面白いもので、私のみならず父も同じくらいたくさん食べていた(注:父はかなり肉好きなので、こういうあっさりしたメニューの時はあまり食べないのだ)。つくづく、味覚というものは年齢によって変わるものだなと思わされる。


それにしても、ひな祭りといえば、昔は雛あられを食べたり、お雛様を出したりとしていたのだが、近年はめっきりそれらしいイベントをしなくなってしまった。まあ仕方ないといえば仕方ない。前述のように、うちには小さい女の子などは皆無だし、私自身一人暮らしをするようになって、3月3日を実家で過ごすことのほうが少ないのだから。とはいえ、若干寂しいような、仕方ないような、微妙な心境である。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。