イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20170218:近視読者っぽい土曜日なのです!
2017年02月18日 (土) | 編集 |
2月18日。


週末の土曜日である。


今日はまさに、「私にとって」週末らしい一日となった。


朝、割とよく寝たような気持ちで目を覚ます。
何時かなあと思いながら時計を見ると、時刻は10時20分。
9時22分に設定した目覚ましはいったいどうなったのだろうと思いながら起き上がる。
(注:なお、驚くべきことに、9時22分に設定していた目覚ましであるが、午後の13時過ぎに鳴り出すという必殺技を見せてくれた。この目覚まし、実はある有名アプリなのだが、このアプリについてはまた別の機会に書きたい)。

カーテンを開けたあたりで、今日は将棋の棋王戦の中継があることを思い出す。
そのままiPadでニコ生を流しながら朝食、研究作業へと移行する(というと、ご飯を食べてすぐ研究していたようだが、その間にいろいろとあったのだ)。

今日は例のポメラで執筆作業を行ったが、だいたい3000字書くことが出来た。それほど時間をかけたつもりはなかったが、かなり集中していたようで、さすが見事なポメラ効果と思わされる。
ただ、勝負はここからだ。とりあえず第一校をいかに終わらせるか。締め切りまでだいたい1ヶ月という段階なので、そろそろギアを上げていきたい。

ちなみに近年、私は研究にはEvernoteを活用しているのだが、最新のEvernoteアプリのカメラがなかなか優秀になった。早い話が、文書の写真を撮ると、勝手に文字の部分を識別して形を整えてくれるのである(もちろん自分で調節できる)。最初は「いらんことするなあ」と思っていたのだが、これをうまく使えば、自分が本の中で引用したい部分とか、論文の中で重要と思ったところとかを撮影しておいて、引用する時の参考にすることが出来る。こうしておけば、書き写すという手間が省けるし、何より「どこだったかなあ」と参照すべき箇所を忘れることがない。なかなかに便利な世の中になってきたと思う。Evernoteは近年サービスの改悪で評判が落ちているが、私にとってはやはり余人を持って代えがたいサービスの1つである(ちなみに私は有料ユーザーである)。


諸々の作業をやりながらも将棋放送はずーっとかけっぱなしにしていたのだが、最終的に棋王戦は渡辺棋王が逆転勝ちを収め、1-1のタイに。それがだいたい19時頃のこと。
そろそろ夕食だ、とそれを片目で見ながらピザを焼く。
うちの家のオーブンは、ピザを焼くことが出来る、というのが売りである。実は二台目なのだが、これについてもまた日を改めて。

その後は研究メモをとったり、艦これをしたり、ラジオを聞いたりしていたら、あっという間に一日が終わってしまった。まさに、私らしい土曜日の過ごし方である。


と、ここまで読んだところで、お気づきの方もおられるだろう。



そう、今日は一歩も外に出ていないのである。



繰り返しになるが、まさに私らしい週末の一日である。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。