イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20170213:開いている理由がわかったのです!
2017年02月13日 (月) | 編集 |
2月13日。


今日気づいたことがある。


というのは、例によって近くに買い物に行こうと思い、家を出たときのことだ。


うちの近所、それこそ、家を出て徒歩30秒程度の位置に、ケーキ屋さんがある。私が最初にここに引っ越してきたときは存在しなかったのだが(当時そこがなんだったのか、もう思い出せないのだが)、1年ほどが経過した段階で、突如としてその店が出来た。当初しばらくの間はともかく客が少なく、これは心配だと思い、比較的頻繁に買っていたのだが、その後、この界隈では珍しいお店と言うこともあってか、ある程度お客が増えるようになり、多少ホッとしている、そんなお店である。






そのお店が、開いていたのだ





いやいやミコーバーさん、お店が開いてるくらい、何だっているんですか。


普通の人はそう思うだろう。ところが、私の記憶では、このお店の定休日は月曜日なのだ。
そして言うまでもなく、今日は月曜日である。祝日でもない。いったいどういうわけだろうか?


疑問に思いながら、店の前を通り過ぎる。そして次の瞬間、それこそ店を右目に(店は右手にあるのだ)眺めた瞬間に、思いついた。





「そうか、明日はバレンタインか!」






ケーキ屋さんと言えば、甘いものである。
甘いものと言えば、チョコレートである。
チョコレートと言えば、いろいろあるが、その一形態としてチョコレートケーキがある。
あるいは、生チョコというものもある。ともかく、ケーキ屋さんとしてはかき入れ時の時期の一つなのだ。定休日でも店を開けるのは当然といえるだろう。

それにしても、バレンタインなどとイベントごととはほとんど縁がないので、すっかり忘れていた。

ちなみにこのイベントに縁がないのは、個人的にそういうご縁がないというのもあるが、同時に業種的にこの時期は休みになるため、若い女性と会う機会が皆無なのだ。そりゃ忘れるわ。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。