イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20170210:寒い日は外に出ないのです!
2017年02月10日 (金) | 編集 |
2月10日金曜日。


今日は先週仕事に行ったまま目覚ましをかけていたため、7時30分頃に目覚ましに起こされる。眠い目をこすりながら目を覚ますものの、そこであっさりと起きてしまう私ではない。そのまま二度寝して、9時頃に起床。最近は10時過ぎに起きることが多かったので、いつもよりは1時間近く早いことになる。この1時間の差が案外大きかった。というのも、諸々の作業を1時間早くすることができたためである。普段なら午後1時を過ぎてから研究に乗り出すところが、今日は12時台からおこなうことができた。

さて、その研究である。
先日に引き続き、ポメラを使って論文を執筆する。
手書きノートとタブレット(これは使わないわけにはいかない。電子資料があるので)を横目に見つつ、黙々とポメラの黒い画面に向かう。我ながら見事な集中力だな、と思わされる勢いで、ものの1時間から2時間ほどで、6000字ほど書くことができた。先日書いたイントロと併せて6800字。なかなか順調な進み具合である。一般的な論文の場合、だいたい1万2000字ほどなのだが(とはいえ、今回の論文は特に制限がないので、長かろうと短かろうと、特に問題はない)、ちょうど良い長さになりそうだ。


とはいえ、これ以上は現段階では進めることができない。というのも、この先はさらなるデータ収集、別の言い方をするならば、資料収集が必須だからである。ある程度目算はつけてあるが、さて、思った通りのデータが得られるか。とりあえず、明日は仕事なので、その後にでもちょこちょこと調べてみるとしよう。

ちなみに今日は雪が降るような寒い一日だった。また、こたつでポメラに向かっていると、



「こ、これは恐ろしい寒さだ!」



と、音だけで強く思わせてくるような、そんなすごい風が吹いていた。

こんな日は一日家の中で過ごすに限るな、と思いつつ、文字通り一歩も家の外に出なかったのは言うまでもない。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。