イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20170203:鬼の野郎は外に叩き出すのです!
2017年02月03日 (金) | 編集 |
2月3日。


節分である。


私の実家では節分はかなり重要な行事として扱われており、豆まきはかなり厳格におこなわれる。
基本的に各人が最低一度ずつ鬼の役を担当し、豆をまかれて逃走し、最終的に闇夜に退散するまでをやらねばならない。猫のルリさんがいたときには、猫にまで仮面をかぶらせて豆まきをしていたので、その本気度合いがわかるというものだろう。
(ちなみに豆まきは厳格だが、恵方巻きについては全く厳格ではなく、普通に切って食べる。そりゃそうだろう、こっちは縁起物としてではなく、メインの夕食としてこれを食べているのだから)。


が、流石に一人暮らしともなると、そこまで本気の豆まきをやる訳にはいかない。

というわけで、今日は仕事帰りに恵方巻と海鮮恵方巻き、そして豆まき用の豆を購入し、まずはそれを食べた。


そして、食後にひっそりと家の中で豆まき開始である。。

豆まきと言っても、そこは一人暮らしの知恵である。家の各所にダンボールのゴミ箱を設置し、そこにめがけて


「福は内!!」



と叫びながら豆を投げ込む。

そして、窓際、あるいはベランダ、はたまた家の外にこっそりとダンボールを持っていき、



「鬼は外!」




と小声で叫びながら、またまた豆をまく。

うーむ、なかなかにアクティブで、かつ後片付けの楽な現代的豆まきの完成である。


ところで、夜に実家に電話をかけたら、電話越しに母がこう言った。



「ちょっと今から豆まきをするので。あっ、痛っ!ぶつけられた!!



ツーツーツー・・・



なるほど、やはり今でも実家では豆まきが重大かつ真剣な行事として執り行われているらしい。

そういえば近所のスーパーで残っていた恵方巻を全部買ったとも言っていたなあ・・・二人と一羽暮らしのはずだが。
(注:念のために言っておくと、大量購入したのではなく、三本しか残っていなかったとのことである)。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。