イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20170125:なかなか覚えるのも大変なのです!
2017年01月25日 (水) | 編集 |
1月25日水曜日。

週の真ん中、水曜日である。


が、どうにも真ん中、という気がしない。
それはそうだろう、今週は月曜日は仕事がなく、昨日今日の二連投。明日を空けて、金曜日と、そして週末の土曜日という連戦具合。要するに水曜日が全然週の真ん中になっていないのである。


閑話休題。
今日はまず最初に試験監督業務から。
会場へ向かう途中で、女子学生から声をかけられる。一瞬反応に窮するが、私が担当したクラスの学生とわかり、ついでに名前も思い出せたのでホッとする。


昔はそうでもなかったが、近年特になかなか人の顔を覚えることが出来なくなってきた。元々女性陣は一夏を過ぎるくらいで一気に変わってしまいがちなので(何しろ髪型やら紙の色やらが変わるだけで、こちらの印象は180度変わってしまうのだ)、なかなか覚えにくい。それに加えて、セメスター制、つまり前後期で違う授業、というシステムが確立されて以降、前期と後期で全く違う学生を教えるということが普通になり、要は同じ学生と接する期間が短くなったので、ますます覚えにくくなってきたのだ。これが教室の外、という別空間になると、なおさらである。その意味で、今回声をかけてきてくれた学生については、名前も含めて覚えていて良かったとつくづく思う。あと、なかなか覚えられない、などと言っているのは不甲斐ないので、来期はもう少し何とかしたいところ。


その後は採点やら会議やら会議やら(二つあったのだ)で、なかなかに長い一日。
疲れて帰宅し、最後のハガレンを見て今に至る。
それほどたいしたことをしたわけではないのだが、色々あってなかなか疲れる一日だった。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。