イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20170123:たまには肉を食べるのです!
2017年01月23日 (月) | 編集 |
本日は1月23日月曜日。


私にとっては、今日までとりあえずのお休みである。

というか、もう少し正確に書くと、私の試験監督の出番は今日までないと言うこと。
明日からはいよいよ、忙しくなりそうな見込みである。


そんなわけで今日はやれることをやっておこうと、午前中から午後にかけて、まず最初に先週後半から週末にかけておこなった成績付けに基づいて、オンラインで成績登録を行う。登録と行っても、あくまでまだ「仮」の段階だが、とりあえずいったんは入力できたので一安心。あとは水曜日に私の担当科目の試験を実施して採点し、残りの科目の成績を付けるのみ!(プラス、すでに付けた科目についても見直しをせねばなるまい)。


それにしても、私の名簿に普通に名前の載っている学生が、成績を付ける段階になって突如「除籍」とか「退学」になっているのには驚かされる。各人いろいろな事情があるのだろうが、人によってかなり唐突な展開になっているので驚かずにはおれない。ついでにいうと、「なんでこいつは大学に残ってんの?」と言いたくなるような人もいるのだが(断っておくが、別に犯罪を犯したとか言うわけではない。念のため)、それはまた別の話。


その後は、自分の論文に関する作業を行い、3夜目になるハガレンを見て、今に至る。とりあえず、まずまず充実した一日と言うべきか(あくまで私にとって、ということであり、世間一般から見れば、全く充実したとは言えまい)。


そんなこんなで今日は珍しく色々と作業をしたので、やはりエネルギーを付けようかなと、たまに肉を買って焼いてみた。


ある日のお肉



156グラムくらいのステーキである。
残念ながら国産ではないが、その分安く買うことが出来た。また、ちょうど見切り品の一人用もやし=10円!、を見つけたので、それも付け合わせとして焼いてみた。もやしはまさに経済的な食べ物の代表格である。

普段それほど肉を食べないので、十分すぎるほどおなかがいっぱいになった。
「医学的には」、肉を食べたからといってすぐにエネルギーに変換されるわけではなく、ちょっと時間がかかるのだが、面白いもので「気分的には」パワーがついたような「気がする」。明日からの多少忙しい日々もそれなりにがんばれそうだ。おっと、今日まで休んでるんだから、という声がどこかから聞こえてきそうだ。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。