イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20170116:ともかく用心なのです!
2017年01月16日 (月) | 編集 |
1月16日月曜日。


月曜日最後の授業日である。

と言っても、まだ補講があるので、終わった、という感じは全くしない。

とりあえず今日は全てでテストやら再試やらを行ったが、なかなかに疲れた。
特に気を使うのは、この時期の学生は非常に体調不良に苦しんでいる学生が多いということだ。


知っている人は知っているし、私も何度かここに書いたことがあるかもしれないが(いや、別の場所だったかもしれない)、私はともかく体調管理に気を使う人間である。常人では信じがたいくらい、相当の用心を重ねて暮らしている。が、そんな私がどんなに用心しても、たくさん存在する学生で、一人でも用心していない人間がいれば(そして大抵彼らは用心していないのだが)、クラスに風邪が蔓延し、非常に厄介な状態となる。そして案の定最近は見た目に調子の悪そうな学生が多いので、こちらもより一層気を使わねばならない。


一番困るのは、下手に真面目な、いや、不真面目なというべきかもしれない学生が、ほんの少し前にインフルにかかっていがのに、熱も下がったし出席がやばいからと授業に出てくるパターンである。これは最悪と言わざるを得ない。実際、これは私の担当クラスではないが、数年前にそういうむちゃをした学生のせいで、クラスの半数が倒れ、試験を受けられなくなるという最悪の事件が発生した。自分だけでなく、仲間のためにもそういうときは自重すべきだろう。そもそも、大抵の試験はインフルエンザのような病気の場合は再試験制度が適用されるので、無理をしてはいかんのである。


なお、私はこの時期になると、



「いいか!インフルとかにかかったら、誰かにその旨言付けて、絶対に授業に来てはいけない!そんなところで変な根性を使う価値のあるものではない!」


と言っている。問題は、そういう言付ける相手のいない学生で、そのために学生にメールアドレスを教えておいたりするのだが、それはそれでまた別の問題を生み出したりして、、、、と、これはまた別の話


ともかく、悩みの多い時期である。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。