イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20161228:外に出るのが面倒になったのです!
2016年12月28日 (水) | 編集 |
12月28日水曜日。


年末、年始を過ごす上で、やはり必要になるのは現金である。

いやいや、ミコーバーさん、今時カードがあれば現金はそんなになくても大丈夫でしょう、と思われる方もいるかもしれない。だが、一年の中でもこの時期は、特に現金が必要な時期なのだ。

例を上げてみよう。例えば神社へのお参りである。
元旦は毎年、地元の神社に言っているのだが、例えばここでお賽銭やらおみくじやら、果ては何かお守りを買おうと思ったら、現金必須である。更に、我が家はともかく福袋、それも食べ物の福袋を大量に購入することで有名なのだが(またまたミコーバーさん、大量とかそんな、大げさな、と思われるかもしれないが、本当に大量なのだ)、福袋は基本的に現金取引である。一番役に立つのは言うまでもなく1000円札!



というわけで、一年の中でもこの時期は特に現金の有用性が高まる時期なのだが、その現金がやや足らない。

全く無いわけではないのだが、ちょいと大きなものを買ってしまう可能性を考えると、これで年末年始をすべて乗り切るのは、ちょっと心もとない、そういう感じである。


「敵の戦力がわからない場合、持てる最大戦力でもって迎撃する」


というのが用兵学の基本であることを考えれば、お金をもう少し出しておきたいと考えることは当然であろう。

というわけで、今日は銀行にお金を出しに行きたかった。


さて、実家から最寄りの銀行まで行くには、山を降りねばならない。
(ここで、またまたミコーバーさん、山とか大げさな、とお思いの方がいるかもしれない。それは否定しないが、文字通り「山」であることはここに明記しておきたい。)
徒歩にして15分位だろうか。さほど遠くはないが、決して近いとはいえない距離である。

さて、そんな状況で、朝目覚め、外を見てみた。


「おいおい、とても寒そうだよ。実際寒いよ。暖冬とかいう意見はどこいったんだよ。昨日辺りから非常に寒くなってるじゃないか!」


かくて、結局こたつの中で一日を過ごしてしまった。



うーむ、我ながら、普段以上にゆったりと生活してしまっている。
さすが年末である。

だが、それがいい。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。