イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20161130:そして購入へ
2016年11月30日 (水) | 編集 |
タイトルでおおよそ想像のついた方もいることだろう。

そう、昨日のブログ記事の続きである。


まあ詳細は昨日のブログを見返していただければわかると思うが、たまたま送られてきたアスキーストアのメールに載っていた、「ダメ着2017ヴァージョン」と呼ばれる部屋着にえらく心を揺さぶられてしまった。繰り返しになるので細かくは書かないが、うちの家は冬は特に寒いため、室内で快適に暮らせる服というのは貴重なのだ。

ただ、問題があった。
どういうわけかこの商品、人気が高いらしく、欲しいカラー(比較的まともなカラーともいう)のネイビーはすでに売り切れ。変えるのは色は比較的まともだが私の体には小さいと思われるMサイズのブラウンと、サイズはLだが「これを着て外を歩いていたら変質者扱いされるんじゃないか」と思われるようなグリーンのみ。うーん、流石にこれでは買いにくいなあと思い、昨夜は保留していたのだが、結局今晩買ってしまった。


最終的に購入に至った敬意であるが、端的に言って、母の一言に大きく影響されたと言っても過言ではあるまい。

この商品についてメールで相談したところ、母は次のように述べたのだ。



「まあいいんじゃない。これ着て外行くわけじゃないんだから。」



そう、そうなのだ。流石にこれを着て外へ出るわけではなく、あくまで冬場に家の中で快適に過ごすための服なのだ。
とすれば、別に派手だろうが、外に着て出たら怪しい人扱いされようが、問題ない。そもそもの前提として、外に着て出るわけではないのだから。


かくて問題(心理的な)はクリアされたので、売り切れる前にと速攻で購入したという次第である。


だが、考えていくと、もう一つ大きな問題があることに気付かされた。



これを着て室内にいる時に、宅急便が来たらどうしよう?
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。