イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20161124:来客、来客、また来客
2016年11月24日 (木) | 編集 |
表題通りの一日である。

東京の方は雪で色々と大変だったようだが、こちらは

「雪?なにそれ、おいしいの?」

という状態。

平常運転の木曜日となった。


とはいえ、表題にあるとおり、普段より忙しい一日に。

まずは授業の後、一人の学生(正確には一人目の、というべきか)の訪問を受ける。
彼女は過去2年間授業を担当したが(正確には今年も担当しているので3年連続というべきだが)、徐々に不振に陥り、今年の前期は単位を落とした学生である。昨日の授業にふらっと、そう、それこそふらっと、という勢いで久々に来たので、色々と話を聞こうと思っていたのだが、昨日はあっさりと帰ってしまったため、一日遅れで今日聞くことになったのだ(本当はもっと事情は複雑だが、面倒なのでこのくらいにしておく)。


履修状況やら、普段の生活やら、今後の目標やらを色々と聞いて、最後は彼女のゼミの先生の部屋まで連れて行って完了。大体40分くらいだろうか。



さて疲れたな、論文のチェックをしようか、と思い、仕事に取りかかろうとしていたところ、続いて同僚の先生が登場。私のゼミの具合が気になって、わざわざ尋ねて来られたらしい。とりあえず何とかなった、という話をして、少し情報交換をして終了。大体5分と言ったところか。

その先生を部屋の外に送り出したときである。
部屋の前に、座るようにして待っている一人の学生が。これが私が今担当しているある授業の履修学生だった。私に聞きたいことがある、というので部屋の中で。質問自体はそれほど難しいことではなかったが(といっても、知らない人なら全くわからなかったであろうから、私の所に質問に来たのは正しかったわけだ)、その後進路の話になり、ここから話題があちこちへ。当該学生はやる気があることもあって、話のネタは尽きない。
行ったり来たりして(というのは、話題の話だが)、最終的にはとりあえずの結論っぽいサムシングに到達、お開きと成ったが、これが長かった。だいたい1時間は話したのではなかろうか(その間、別の先生が来て、クリスマスパーティーの案内をして帰って行ったのが遙か彼方昔のように感じた、苦笑)。

話はまだ終わらない。続いて別の先生がもう少し重要な案件で相談に来られ、そこで話していたら結構時間が経過していた。

で、気づいたら6時過ぎだが、まだやる予定だったことが全く出来ていない。


かくて、例によって残って作業していたら、今の時間(夜の8時過ぎ)になってしまったわけである。

うーん、どうやら私にとっての勤労感謝の日はまだ続いていたようだ。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。