イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ホケンシツの箱」を開けよ
2012年07月03日 (火) | 編集 |
昨日のことである。


いつものように仕事帰り、タイムカードを通し、これまたいつものようにレターケースをチェックした。

っと、そこには見慣れない物体が置かれていた。それはやけに明るい色合いで四角形のもの、我々が手紙を出すときに使うもの、換言すれば、ファンシーな封筒だった。正面には、私の名前。



おお、これはこれはもしかして、世の中でもはや都市伝説になりかかっているかもしれない、あの



「らぶれたー」




という奴ではあるまいか!


1パーセント未満の期待を胸に、封筒を取り出し、とりあえず裏を返してみる。


っとここで、その1パーセントの期待はチリになって消え去った。そこには、なかなかにフォーマルな字体で(なにせ印字というか、印で押したような字だったのだから)、



「保健室」



と書かれていた。


これはいかん、事態は暗転である。

らぶれたーどころではない、我々のところにこの部署からレターが届く場合、その目的はたいてい一つしかない。すなわち、「担当学生の誰々さんはこういう病気ですから、こういう配慮をお願いします」という極秘の手紙である。


何にせよ、これはいかん!先ほどまでの気分もどこへやら、とりあえず状況を把握すべく、中身を見ることに。

いざ、封筒を開け始める。おいおい、やたら堅くてなかなか開かないよ。相当厳重だ。これは嬉しくないが、相当深刻な話題が書かれているにちがいない。お、ようやくあいてきたぞ。。。



などという苦労を経て、ようやく中身を取り出すことができた。

これは思いの外固く、そして分厚い紙だった。最初に目に飛び込んできた文字。


Happy Birthday!!








、、、、、、

ちなみに同封されていたのは、


「正しい食生活について」



というパンフレットですた。。。



そういや、よく考えてみれば、昨年も貰ったなあ、、、
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ええ~?!
ミコーバさん、誕生日まだですよね?
なんとも粋な保健室からのらぶれたーですね。最近のミコーバさんは、学生食堂でチャレンジしつづけていらっしゃいますから、健康にはお気を付け下さい*smile*
2012/07/05(木) 03:26:43 | URL | nimu #Ybw1CIdM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。