イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
ただ、乗せればよい
2012年06月21日 (木) | 編集 |
一体どういう料理なのであろうか。

昨日、大学食堂で食べたメニューのことである。
その名も、


「唐揚げサラダうどん」



名前を見るだけであっさり中身は理解できるが、しかし意味の分からない料理、そんな感じである。

必要ないかもしれないが、一応解説しておくと、このメニューを注文すると、我々はうどんに唐揚げの乗ったものを渡される。これを持ってサラダバーの場所に行き、キャベツやらコーンやら玉ねぎやらネギやらフライドポテトやら(言うまでもなく、ここがおかしい)を載せて、最後につゆをかけて完成、というものだ。サラダの部分は好きなだけ乗せて良いので、若い学生はそれこそ山のように乗せていた。これで一律180円なので、なかなか経済的なメニューと言えようが、同時にいまいちよく分からない料理でもある。

最大の問題は、写真に収めてもいまいち美味しそうに見えない(そもそもいったいなにが写っているのかが分からない)、ということだ。
詳細は次の通り。







まったくよくわからない。

とはいえ、以前の「あんかけトマトパスタ」とは異なり、味自体は悪くないのが救いである。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
一体どういう料理なのであろうか。昨日、大学食堂で食べたメニューのことである。その名も、「唐揚げサラダうどん」名前を見るだけであっさり中身は理解できるが、しかし意味の分からない料理、そんな感じである。必要ないかもしれないが、一応解説しておくと、このメニュ...
2012/06/22(金) 07:06:40 | まとめwoネタ速neo