イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時をかける青年
2009年10月25日 (日) | 編集 |
珍しく、朝(現在午前9時39分)に更新。


今日、時をかけてきました

具体的に言うと、過去にタイムスリップしてきました












きっかり1時間。













そう、イギリスは今日の早朝(夜中)でサマータイムが終了したのです
具体的に言うと、イギリスのサマータイムは、3月最終の日曜日から、10月最終の日曜日、つまり昨日までの期間、1時間時間が早くなる。日本を基準に考えると、サマータイム期間は時差が8時間あるのが、これからは9時間になる、ということだ。

初めて経験するサマータイムによる時間の移行だったが、なかなか楽しかった。朝8時に目覚ましを合わせて、そのとおり8時に起きてみたら、時計は8時を指しているけど、ラジオをかけたら実はまだ7時で、1時間得をした気分に。なんという素晴らしさ♪

ちなみにその1時間を何に使ったのか?
私は文学における眠りの研究者ですから、眠りの更なる実践研究に使用いたしました。

PS:ちなみに3月の日曜日には、サマータイムで時間が1時間先に進むことになるわけで、その時はおそらく(というか間違いなく)1時間損した気分になるものと思われます。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。