イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまり内容がなくてもとりあえず新年最初の授業日を振り返る
2012年01月07日 (土) | 編集 |
昨日、1月6日は今年最初の授業であった。

いつものように電車で揺られること約1時間半、途中定期券を購入するためにいつもとは違う場所へ行くという一幕こそあったものの、いつもと大差のない時間に大学に到着することができた。

いつもより電車が空いていたのは、恐らく高校生以下の学生を見なかったからであろう。彼らは恐らくまだ冬休みなのだ。ぎゅうぎゅう詰めの通勤電車で揺られて、授業をするより疲れさせられることを思えばありがたい。彼らは恐らく、成人の日の次の日、火曜日辺りから新学期が始まるのだろう。高校3年生はまもなくセンター湿気んである。私はむしろ試験監督をする側になったが、まったく大変だろうなあ、と思う。よく、タイムマシンがあったらどこに戻りたいですか、などという質問をすることがあるが(私がする、というのではなく、ネットなどを散見していると時々見かけるネタ、という意味であるが)、私はそんなことより、「絶対に戻りたくない時はありますか?」と聞いてみたいと常々思っている。私の場合、高校時代、特に高校3年生には絶対に戻りたくない。あんなアホくさいもん、御免である。

そんなことを思いながら授業を開始したのだが、さすがにいつもより人数が少なかったのはご愛敬。「帰省していて、帰りが当日のバスしかとれなかったので少しおくれます」、と事前に言ってきた学生さんは、「えーっと、どこへいってらしたんですか?」と思わず言いたくなるような巨大トランク(私が海外に行くときに持っていったようなものを想像していただければよい)を転がしてやってきたし、全体に、出席の足りている学生で、来ていないなあ、と思わされる学生が目立ったように思う(言うまでもないが、休みの多い学生で、案の定この日も来ていなかった、という学生は、目立たないだけでもっとたくさんいる)。

先程も書いたことだが、来週末はセンター試験ということで、例えばO大学のように、前日は入校禁止になる(当然ながら休講になる)大学もあるようなのだが、幸か不幸か、この大学はそんなこともないらしい。来週も普段通りきっちりやると共に、試験範囲についてお話しせねばなるまい。さあ、いよいよ(彼らにとっては)半年の締めくくりとなる時期である。無事突破してくれるかな?


授業後は久々によくいくイタリアンの店でパスタ。これがなかなかうまかった。冬のおすすめのオマール海老のスープスパということだったのだが、海老というか魚貝の味が非常にスープに染み込んでいて、充実した食事となった。正月は正月らしく(喪中であるにも関わらず)、餅やらお正月料理やらばかり食べていたので、すごく久しぶりに違うものを食べた、という印象だ。もっとも、甘いものは福袋を大量購入したこともあって、色々と食べてきていたが、、、


そんなこんなで食事をした後、梅田、ついで三宮と回り、ヨドバシやらを散策して、この前あまりできなかった買い物にエネルギーを費やした。3つばかりあった候補の品をすべてさわった末に、まずまず満足の行く買い物をすることができたが、いやはや、2011年に引き続き、2012年も変なガジェット好き、といういつついたのかわからない特性が続きそうな状態である。

ちなみにこの、あまり内容のない記事は、先日お話ししたThinkpad Tabletを使って入力している。実はこのタブレット、別売りでキーボードフォリオケースというものが存在していて、早い話が、キーボードつきのケースがあるのだ。もちろんThinkpad純正。さすがにキーボードに定評のあるブランドだけあって、タブレット端末用に使うキーボードでも、妥協はしていないらしい。昨日授業資料を作るのに利用したLet's Noteなどよりは遥かにレベルの高いキーボードに仕上がっている。これで後少し、アンドロイドが文字入力という観点で安定してきてくれれば言うことないんだけどなあ。。。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。