イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聞かせてもらおうか、BBCのネットラジオとやらを!
2011年08月22日 (月) | 編集 |
ほんの少し前、時間に換算して20秒ほど前に、気がついたことがある。


「当ブログ、訪問者が4000名を突破してる!!」


いやはや、カウンターをもうけておきながら、全く気づかなかった。
そういえば、このブログを作成したのは二年前の8月。だいたい今で2年間、続けていると言うことになる。一応、今年は(特に仕事の始まった4月以降は)毎日更新を心がけているし、特に大きな事を書いているわけではないので、この数字は十分だろう。今後も引き続き、無理なく続けていきたいところだ。


さて、今日はといえば、昨日作成した論文をコピーしてチェック、チェック、チェック。これでネイティブチェックに回して大丈夫かどうか、いろいろ確認した。とりあえず、論のつながりとか、分かりやすさというのに重点を置いて見直したつもりである。現在のところ、明後日提出する予定なので、それまでにもう一度、書き直しと再修正を行わなくては。


閑話休題。
今日は最近のお楽しみについて。

実は最近、「あること」をしながら研究をしている。

これは、私のイギリス生活と密接に関わるモノである。

さて、その「あること」とは何か?



















(無駄に長い間)




















それは、

「BBC3を聞きながら、研究している」


ということ。
イギリス留学中は、毎日部屋でラジオを使ってBBC3をかけながら生活していた。
BBC3というのは、クラシック音楽を中心に放送している、音楽の合間の言葉を聞かなければどこの放送局なのか点でわからないような放送である。イギリスにいるのだから、討論や演劇中心のBBC4やら、ニュース中心のBBC1を聞けばよいものを、なぜか私はBBC3を聞いていた。もうそれはそれは、ひたすら聞いていた。

しかし、当たり前だが日本では普通にしていては聞くことはできない。電波が入らないからだ。

そこで、活用されるのがインターネットラジオである。BBCはどこぞの放送局と異なり、全世界に番組をネット配信している。そのため日本にいながら、ネットにつなぎさえすれば、BBCを聞くことができるのだ。それゆえ、帰国当初はパソコンを開いてBBCのサイトに行き、そこでボタンを押してBBCをかけていた。

だが、この習慣もやがて廃れてしまう。それはそうだろう、イギリスにいれば、ラジオのスイッチを入れるだけで、BBCが聞ける。しかし日本では、パソコンを立ち上げてページに行って、チャンネルを選んでボタンを押す、という、長い長い道のりを経なくては、聞くことができないのだ。特に働くようになり、疲れて帰宅すると、もう家でパソコンを開く気など失せる(大学でもさんざん見ているし、そもそもメールさえチェックできれば、特に見る必要もない)。かくて、しばらくBBCからは足が、というか、耳が遠のいていた。


そんなBBCを聞く習慣が復活したのは、ひとえに最近の


タブレット熱


のおかげに他ならない。

実はiOS(つまり、iPadなどのOS)にしても、アンドロイドにしても、すばらしいアプリが存在しているのだ。
その名も


Tuneinradio


読んで字のごとく、ラジオにチューニングするソフトで、早い話が、ネットにつながっていさえすれば、世界中のネットラジオを簡単に聞くことができるのだ。その手軽さと言えば、地域と番組を選んで再生ボタンを押すだけ。これで後は勝手に流してくれる。さらに放送局(私の場合はBBC3)をプレイリストに登録しておけば、トップ画面からワンボタンで番組が流れ出す。これは超便利。日本だと、Radicoというアプリが存在しているが、それよりさらにレベルの高いものを想像していただければよいだろう。

このアプリを所有する複数のタブレットすべてにダウンロードし、バッテリーの具合を見て機械を変えながら、ワンボタンでBBC3にアクセスしている。BBC3の良いところは、音が流れながらも決して研究を阻害しないと言うことで、これは日本の番組にはない特徴だ(これはおそらく、おとなしい番組だという事以上に、私が英語母語話者ではない、というのも少なからず影響していると思われる)。

ともかく、こうして得られたバックグラウンドミュージックの力を借りて、今のうちになんとかさっさと論文を仕上げたいところだ。職場では仕事中に聞くことは不可能なのだから。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。