イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変な名前の外国人を抑えに使っているチームは敗北する
2011年06月15日 (水) | 編集 |
珍しく大学内で文章を書いている。

というのも、今日は普段とは異なり、ちょいと大学院の授業に出る必要があるのだが(といっても、別に私が授業をしたり、英文を読んだりする必要はない)、その関係で、いつもと時間の使い方が異なる。その結果として、こういうよくわからない時間が出来てしまったのである。

さて、なにを書いたものだろうか。
うーむ、そうだ、先日の機械不安5連発の続編を書くとしよう。
あれから色々と触ってみたのだが、その結果、いくつかのことがわかり、いくつかのことは不明のままである。以下、先日の例に倣い、列挙したいと思う。なお、前書いた時の順番等は忘れているので(おい)、順番が違っても全く気にしないように。


っというところで、残念ながら時間が来てしまったようだ。
続きは帰りに書くとしよう。

(長い中断)

さて、ここからは帰りの電車内からお送りする。

・大丈夫だKindle
 先日、やったらメモを取るのに時間がかかるようになった、と述べたキンドルのその後である。先日、ディケンズのDoctor Marigoldを読みながらメモを取ろうとしてみると、やはりボタンを押してから該当個所に線が引かれるのにやたらと時間がかかる。うーむ、どうしたものか。。。

 そう思いつつ、今日は通勤中に、ディケンズはやめてシャーロックホームズのパスティーシュ物(要するに、シャーロックホームズのさらなる事件、という感じ)を読んでみた。するとあら不思議、1秒たたずにちゃんとメモが取れる。これはどうしたことか。キンドルはディケンズのような難しい読み物よりも、ホームズのような面白い、かつ読みやすいものを推奨しているのだろうか???


んなアホな話はない。


答えは簡単である。
実は、上記のディケンズ作品の入っているファイルは、キンドルストアで購入したものなのだが、ディケンズ大全集という感じで、ディケンズの200以上の作品すべてが入っているのだ。ディケンズ作品は、長いものだと37万ワードくらい、洋書だと900ページ近いものもある。そういう作品が詰まりまくったファイルなので、文字ばかりとは言え、普通のキンドルの書籍ファイルよりは容量が大きい。それに加えて、

「ここに、テキスト(原書)に書いてある注を全部書いたら、超ハンディーな自分専用のテキストができるじゃん」

などという私の無謀な思いつきにより、やたらめったらリトルドリットに注をつけてしまったため、ファイルが重くなってしまったためであろう。
いやはや、こんなことになるとは思わなかった。全集は楽でよいと思ったのだが、自分で入力する注の数を考えると、やはり個別に作品を入れた方が良かったかな。

なお上述した、自分専用のテクストにするための大量の注であるが、結局その作業のあまりの膨大さに、途中でほっぽりだしている(苦笑)。


・大丈夫そうだ充電器
 iPodなどを充電する機械、正確にはアダプタなのだが、それが熱を発する割には利いているように思えない、という話をしたのは先日のことである。それ以降も携帯やらiPodやらiPadやらいろいろ充電してみたのだが、一応充電はできているので、機械自体は大丈夫そうである。とはいえ、何かあるとイヤなので、大学に持って行っていた、同じ商品を持ち帰り、家ではそちらを使っている。当然、大学で使う場合はその少し心配な奴と言うことになるが、まあ大学で使う場合は常に私が前で見ているので、大丈夫だろう。この手の電化製品、なにが一番怖いって、自身が留守中、あるいは就寝中に火が出る、というパターンである。まあ大学ならば、そういうことはなかろう。


・やっぱり問題ありそうだiPod
 オーディオブックの再生ができなくなることがある、という話をしたiPodであるが、その後iPod自体の本体のソフトウェアを更新して、様子を見た。
結果、、、

すでに上記小見出しで示唆されているように、やはり同じ問題が起こった。どうやらやはり何か問題があるらしい。
 とはいえ、ややこしいのは、これが私特有の問題なのか(つまり私の機械の問題なのか)、ソフトそのものの問題なのかがよくわからないということだ。実は以前も、アルバムの一曲目が再生されない、という恐ろしい罠があったのだが、これは少数ながら(この少数と言うところが非常にくせ者だが)、ネット上に報告のある現象だった。結局、ソフトウェアの更新で自然と解決されたのだが、アレも非常に困った問題だった。オーディオブックを多用する人間からすると、今回の問題も非常に困った問題であり、更新で治るなら、何とかしてもらいたいなあと思うところである。


・大丈夫にするぞパソコン
 ウイルスが発見され、無事隔離されたというパソコンであるが、今後の驚異、じゃない、脅威に対抗するために、以前大学のパソコンにインストールするために購入したウイルス対策ソフトを持ち帰る。これは、パソコン3台までいける、というタイプのもののため、すでに大学で使うパソコンにインストールした以上、このまま放っておくのももったいない。ここは家のパソコンにもインストールして利用するのが、効率的というものだろう。私が普段のパソコンに用いているのは、無料の某有名ウイルス対策ソフトウェアである。大学で購入したのは、結構有名な会社の「有料の」ウイルス対策ソフトであり、どう考えても能力は後者の方が上である。早くこれで防御を固めるとしよう。


・触ってないぞ3DS
 というわけで、こと3DSに関しては、その後もどうなったかわからない。なぜなら忙しくて、全く触る暇がないからである。まあそんなわけで、使っていないから問題はないのだが、電池の具合をチェックして、問い合わせるなら早くしないといけないなあ。



ちなみに表題は本日の野球ネタ。
ダルビッシュの方をネタにした方が良かったかもしれないが、そっちよりもセンセーショナルだったので、こっちにした。

それにしても、やっぱり無失点記録がとぎれるのは阪神打線のヒットではなくて、ダルビッシュのワイルドピッチだったなあ。。。
私はこういう時は伏兵、たとえば鳥谷や新井ではなく、藤井あたりに打たれると思っていたのだが、、、しかし最後のタイムリー、来年は日本にいないであろうマートンに打たれた、というのはちょいと腹立たしいな。まあ、ひょっとすると来年、この国以外のところで二人は対戦しているかもしれないが。

(注:なおこの場合、2番打者で、なおかつ小兵と言うことで、平野という選手が伏兵扱いされやすいのだが、平野は伏兵に当たらない。なぜかというと、一つには去年完全に結果を残してレギュラーとなったから、というのもあるが、それ以前にオリックス時代からやたらとダルビッシュには相性が良かったためである。だから仮に彼が打ったとしても、伏兵にはならないと考えたのだ。)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。