イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出は重いで
2011年06月03日 (金) | 編集 |
今日は非常勤の日なので、基本的に仕事は午前中で終わる。

というわけで、今は仕事を終えて昼食を食べ、帰りの電車の中である。
普段の通勤ラッシュはどこへやら、この時間は比較的ゆとりがあって座ることができるので、まあゆったりと帰るとしよう。今日は早めに帰り着いて、明日以降のために体力を温存して置かなくては。

それにしても、ここで思う。

この時間帯にしては普段よりもやけに混んでいる。なぜかなあ、と考えてみて、客層の違いに気が付いた。普段、この時間はお年寄りか、大学生くらいの人が多く、いわゆる若手中堅のサラリーマンというのはほとんど見かけない。そのパターンは今日も変わらないのだが、いつもと違い、乗客リストの中に、「小学生から高校生までのたくさんの若い子供達」が加わっているのだ。見ると、地図を持っている人もちらほら。京都という土地柄を考えても、おそらく修学旅行や課外授業なのだろう。

そういえばいまは6月、まさに修学旅行シーズンである。
私にとって修学旅行の思い出とは何か?
一番楽しかったのは、やはり中学校の修学旅行であるが、無駄に覚えている、ということであれば、高校の時のものが強烈であった。というのも、ろくでもない思い出があるからだ。

アレは高校2年生の修学旅行のことである。
当時、私が通っていた学校の修学旅行の行き先は沖縄だった。今のところ、私にとってはそれが最初で最後の沖縄訪問になっているので(まあ元々暑いところは苦手である)、それなりに意義があったな、と今からすると思えるのだが、当時はそんなことを思うゆとりは全くなかった。

ここで我々の修学旅行の日程について、簡単に説明したいと思う。
我々の旅行は二泊三日で、メインとなる二日目のメニューは、いくつかあるコースの打ち一つを選ぶというものだった。コースというのは、サイクリングしたり、ダイビングしたり、潜水艦に乗ったり、沖縄料理作ったり、というコースである。こうやって見ると、一つだけ


「ギョギョ!」


と水木しげるよろしく驚きの声を挙げたくなるようなものが混じっているように思えるかもしれないが、これはすべて事実である。
(ただし、その潜水艦コースは人気がなかったためにあえなく我々の年はなくなってしまった)

私は、上述の潜水艦コースがダメになったために回されてきた某友人とともに、沖縄料理を作るというコースに参加した。

このコースは読んで字のごとく、現地の方々のレクチャーを受けながら、沖縄料理(ゴーヤチャンプルーやらソーキそばやら)を作る、というコースである。

まず、味はさておき、料理自体はそれなりにうまくできたと思う。

その後、ハブとマングースの決闘を見に植物館へ行ったときのことである(料理だけではさすがに間が持たないので、これもコースの一部であった)。私は、異変に気が付いた。ともかく、おなかが痛くて仕方がないのだ。

詳細は省略するが、端的に言えば、慣れない、しかも油を大量に使う料理を食べたために、私の胃が持たず、食あたりを起こしたのである。そのせいでその日の残りはもう生きた心地がしなかった。よりにもよってその後、おなかに響く太鼓の演奏やらなんやらがあり、これは拷問かと思わされたが、保険の先生にもらった薬のおかげもあって、何とか事なきを得た。今の私があるのは、あの危機を文字通り「生き抜いた」からにほかならない(大げさな、と思われるかもしれないが、本当にシャレにならなかった)。

というわけで、ほかに楽しい思い出も色々あったと思うのだが、どうしてもこちらの印象が強烈すぎるため、ほかの記憶をすべて圧迫し、修学旅行の思い出(実は変換を間違って重いで、と最初入力してしまったが、あながち間違っていない)と言うとき、私の中ではこの出来事が前景化してしまうのである。


ちなみにあれ以来、沖縄料理は一切口にしていない。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
修学旅行、全体的にうろ覚えだわ…。コース選択があったんだっけ。
洞穴で明かりを消して真っ暗にしたのと、ダイビングで巨大なナマコをいっぱい見かけたのは覚えてる。
2011/06/03(金) 15:02:55 | URL | i #JalddpaA[ 編集]
Re: i
まあ悲しいかな、高校時代はだいたいの出来事がうろ覚えなんだけどね、苦笑。太鼓の演奏の時、某世界史のS先生が異様に似合ってたのはよく覚えてる。
そうか、ダイビングだったんだ。
2011/06/04(土) 01:39:48 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
ぎょぎょっ!は、さかなクン
お邪魔します。久しぶりにコメントします。
沖縄料理、いい思い出がなかったんですね。
私は、父との最後の旅行が沖縄だったんで、
結構いい思い出ですヨ。
ちなみに、今日の朝ご飯が、チャンプルーでした。ラフテーに似た料理もしたりします。食べれば美味しいものですから、ぜひ、今度つくってみて、食べてみていただきたいですv
夏バテ防止にもよさげじゃないでしょうか。。
2011/06/04(土) 11:58:11 | URL | nimu #Ybw1CIdM[ 編集]
Re: nimuさん
コメントありがとうございます。
そうでしたか、沖縄は思い出深い土地でしたか、なるほど。。。

元々おなか(胃)の強くない人間が急に色々食べたのがいけなかったのでしょう。また付け加えて言うならば、元々暑さにも弱い人間なので、そんな弱った人間が急に色々食べた、というのが、この事件の真相ではないかと思っています。なので、あれ以来食べてはいませんが、別に偏見を持っているわけではありませんので、そこはご心配なく。
2011/06/07(火) 11:40:19 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。