イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わかりやすいことは、いいことだー
2011年05月21日 (土) | 編集 |
というわけで、先ほどの文章を書いてからほどなく、泊まる予定のホテルに着いた。

私が今回泊まることにしたホテルは、某有名チェーン店なのだが、結局値段が安いのに必要なものがそろっている、というのと、駅から非常に近いところに位置している、という二つの理由で選んだホテルである。

っと、ホテルの話をする前に、まず先ほどの「さくら」レビュー(というほどのものでもないが)の後の出来事を書くとしよう。

本当は、あのレビューのあとも、せっかくだし色々とやりたかったのだが、西側、つまり姫路より西側は、

「えー、なにこれー」

と言いたくなるくらい、トンネルが多い。そして、どうも私のWi-Fiもトンネルは非対応なようで(新幹線の中はいける、ということだったような気がするのだが、ひょっとすると「のぞみの700系」限定かもしれない。
というわけで、あまりにLANが付いたり消えたりして、精神的によろしくないので、電源を切り、残りの旅程はあまり目を開けないようにして過ごした。

そうこうするうちに、あっさりと小倉に到着。
想像を絶するほど綺麗なトイレに感嘆しつつ(これは駅の話)、改札をでる。

下に行くと、まあわかりやすいモノレールの駅。

「私、モノレールです」

と自己主張しまくっていて、間違いようがない。

さて、私のホテルはこっから左の方だな(注:私の辞書に、東西南北、という文字はない。上下左右だけである。困ったことに、うちの家族は全員そうらしい。)、と思いながら左の方に向かう。っと、


「あれ、なんか看板見えるんですけど???」


そう、私が泊まる予定の棒チェーン店の最初の方のに文字が思い切り見えるのだ。
これはわかりやすすぎる。
100メートルほど歩いてみると、予想通り私が泊まるホテル。いやあ、本当に駅に近くて助かるねえ。

というわけで、今私はこの文章を、持ってきたライフタッチノートで打っている。
ホテルはLANがあるのだが、無線にするにはアクセスポイントが必要で、今回は持ってきていないので(本体は小さいが、アダプターが無駄にでかいのだ)、例によってb-mobile Wi-Fiを活用する。

しかしさすがにドコモ(って、別にここは都心部か)、ここでも電波は快調である。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。