イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真の見方から品詞の見分け方まで
2011年05月11日 (水) | 編集 |
今日はきつい。

いや、本当にきつかった。


ではここで、今日の流れを簡単におさらいしてみるとしよう。

まず午前5時40分に起床。6時52分に家を出て、7時7分の電車に乗る。
乗り換えを含め、電車に乗っている時間はだいたい1時間半。
もちろん今日も鬼の通勤ラッシュ。雨模様の天気と相まって、気持ち悪さは最悪である。

ふらふらとした状態で大学に到達、研究室へ向かう。

午前中は通常業務、つまり自分の研究ができる。
とはいえ、午後の準備をしていたら一瞬で終わってしまう(つまり研究はできない)。

12時がすぎるやいなや、下の学内コンビニに直行、暖かい食べ物(スナックともいう)を買って、昼食代わりにする。

13時からは大学院のゼミに初参加。幸いにすべて英語関連の発表だったが、私が全く読んだことのない作品4つについて、三人の若い院生の方々が発表。大学院に入りたてというだけあって、本当に初々しい。

その発表を聞いて、よくわからない質問をして、それが終わると今度はダッシュで研究室にもどり、今日から始まるTOEIC講座(私がするほう)。

ここでちょっとエネルギーを使いすぎた。
我ながらえらい熱のこもった解説で、こういうの向いてるのかと思わされる。
何しろ、TOEICの各パートごとに解説を加えて、わざわざ写真の見方まで説明してたからね(苦笑、人が一人だけ写っている写真と、二人以上写っている写真とでは、見るポイントが違う、等々)。次回以降はより細かい話をするつもりだから、お互いエネルギーもいるだろうなあ。。。

これが終わると、一部の学生さんが「英会話のセミナーをやってほしい」というので、急遽再来週から毎週30分くらいやることになる。まあ良いけど、こうやって仕事が増えるのだよ。なににせよ、早速テキストを購入しなくては。


で、自分の机に戻ってきたら、もう疲労困憊だった。
体力的なものももちろんあるのだが(体力には全く自信のない人間である)、おそらく今日は初めてのことが多かったため、気力、精神エネルギーを使いすぎたのであろう。
おかげで帰りの阪急電車では、完全に夢の世界(ただし何も見ない)であった。
先日まで気楽な生活をしていた人間にとっては、なんともハードな一日であった。

とはいえ、今週も残り後二日。
頑張るとしよう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。