イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷いの部屋
2011年03月28日 (月) | 編集 |
今日は天気が良い、ということだったので、久しぶりに部屋の掃除

帰国後、あまりの雑然具合に唖然としていたのだが、そのまま気づけば半年以上過ぎてしまった。さすがにこのまま新学期を迎えるのは(しかも新天地になるわけだし)まずかろう、と思い、一年発起して(そこまでのものではない)頑張ってみた。結果、それなりに気持ちよくなった。が、これはまだ氷山の一角で、部屋の4分の1程が多少綺麗になったのにすぎない。また適宜整理整頓していかなくては。。。


っと、このように書くと、まるで私が非常に汚らしい生活をしているように思われるかも知れないが、そういうわけではない。確かに整理整頓とか、案外苦手だが、別にそれが問題なのではない。最大の問題は、物を持ち過ぎている、という事である。それも、本、とくに研究書、専門書が年々増えてきたため、これの置き場が他のモノの保管場所を圧迫してはみ出、結果部屋が色んなものでいっぱいになってしまっているのである。早く自分の研究室を持ちたい、と心から思う今日この頃である。


ちなみに先日、父親の研究室の映像を見たが、それはそれは恐ろしかった。ここだけ地震が起こったのかと思えたくらいである。私のほうがだいぶましだと思うし、比較対象にしたくはないのだが、どうやら血は争えないものらしい。。。


なお、まだ本日のヒトコトが書きあがっていないので、こちらはしばしお待ちを。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。