イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よい発表とはともかく要点を分かりやすく明確にしたものだ
2011年03月15日 (火) | 編集 |
今日は4月からの勤務先の説明会(引き継ぎ)、ということで、某大学にやって来ている。

とりあえず説明会が終わり、今は向かいのマクドナルド(しっかし、どこにでもあるな)で遅めの昼食を取りつつ、そこからつながったフリースポットをつかってネットに書き込んで見ている。フリースポットはあんまり利用したことがないのだが、スピードが遅いながらも一応ネットに繋がる、というのはありがたい。あずにゃん(Dynabook AZ)を持参した甲斐があっとというものである。

とりあえず今日仮決定したところでは、当初の予定(きぼう)どおり、非常勤のある金曜日はお休みにしてもらうことが出来たようで、私の認識では、月曜日から木曜日まで、朝から晩まで働いて、金曜日が非常勤、土曜日が研究活動日、日曜日が休日、という感じになりそうだ。世の中でバリバリ働いている方からすると「何を言っている!」とお叱りを受けるかもしれないが、ながらくこのような生活はしていないので(一番最後、毎日大学に出たのは大学3年の時である)、慣れるまでは大変だろうが、まあなんとかなるだろう。むしろ、細々とした仕事が多いらしいので、そのへんをどう効率よくこなせるかが心配である。

そういえば、この仕事が決まった時、見落としていたことがひとつあった。
それは、


学内学会が存在する=そこで発表しないといけない=論文も投稿しないといけない。


ということである。

よくよく考えれば当たり前のことなのだが、人間、他のことを考えていると見えるはずのものが見えなくなるもので、この点はすっかり失念していた。ネタを練っておかねばなるまい。。。
しかし、所属すべき学内学会がこの大学には2つもあるなんていうのは反則である。


なにはともあれ、発表の際は、某東京電力のような、日本語をしゃべっていると思えないようなわけの解らないことではなく、要点を強調して、しっかりと行いたいところである。

(注:あの歯切れの悪すぎる発表を見ていると、誰でも怒り心頭に達してきて、「東電潰せ!」とか叫びたくなる。だが、あの広報の人たちにしたって、よく考えると非常に厳しい立場なのだ。おそらく上から「あとあと責任問題になったらいけないから、余計なことは言うな」と相当しつこく言われているのだろう。責任を負わせるべき存在は、もっと上の方、ああいうカメラの前に現れないところにあるのだと思う。今はともかく最悪の事態を防ぐ最大限の努力をしてもらい、すべてが終わった上で、きっちりと責任を取ってもらうことにしよう)。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。