イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よぉわからん
2011年02月21日 (月) | 編集 |
52. It is all dark to me. (626)21.2

「私にはどういうことなのか、皆目見当もつきません。」



先程のニュースに関して言いたいコメントのような気もするが(苦笑)、もちろんこれはそうではなくて、ホームズは事態の真相が分かっているみたいだけれど、自分には全然わからない、という依頼人のセリフである。

darkという形容詞は、文字通り訳せば「暗い」ということになるが、例えば日本語でも、その分野について知識が乏しい、という意味で「暗い」という言葉を使うことがあるとおもう。「事情に暗い」とか、「地理に暗い」とか、そんな表現である。ここで「疎い」とすれば誰でも菅直人に早変わり出来るのだが誰も変わりたくないので置いておいて、そんな不理解を表す表現として、英語でもdarkが使えるのである。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。