イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイトキャット
2011年01月24日 (月) | 編集 |
24. This may interest you, Lestrade. (498)

「これなどは君の興味を引くんじゃないかな、レストレード。」



今日は出版社のサイトに行っていくつかテキスト候補を散策、で、出版社にメールを送って見本を送ってもらうように依頼した。数日で届くようなので、それを見て最終決定を下すとしよう。それなりに面白そうなテキストを選んだつもりだが、さて、中身はどうか?

その後、昼からは別の作業をしようと思ったのだが、昨日に引き続いて我らが猫に椅子を占領されてしまった。どうも防御がうまくいかなかったらしい。おかげで体を斜めにしてパソコンに向かうはめになってしまった。体が痛い。。。


なにはともあれ本日の一言を。
ホームズは犯行現場で発見した証拠の石(実は凶器)を差し出して言う。interestという言葉をならう時、我々はまずinteresting(興味深い、面白い)という形から先に勉強しがちなので、この言葉をつい、「興味深いこと、もの」という名詞だと思いがちである。が、実はこのinterest、動詞としても使えるのだ。こういう、同じ形で名詞、動詞と二つの異なる品詞を持つ単語は結構あるので、注意しておきたい。なぜこんな事を言うかというと、名詞だという先入観を持っていると、その語が実は動詞として利用されていても気づくことができず、結果として文章が全く理解できなくなってしまう人をよく見かけるからだ(私の学生の中にも、このように名詞と動詞を勘違いしたために文章の述語が見つからず、結局文章とは呼べない訳をする学生さんが少なからずいる)。


ちなみに今日のタイトルであるが、元ネタは昨日やっていた

「レッドクリフ」

だが、正直元ネタのかけらもない。今思うと、むしろ織田裕二の「ホワイトアウト」のほうが近いくらいだ。
いや、それより、エドガー・アラン・ポーの「黒猫」に対抗して、「白猫」とするべきだったか!
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
あと、中1あたりの自己紹介みたいな単元で”be interested in ~”の形で習うから、なんか「~に興味のある」っていう形容詞であるかのような気分になっちゃってたな。
2011/01/25(火) 07:09:33 | URL | i #JalddpaA[ 編集]
Re: i
たしかに、interestという言葉を習う前に、interestedとか、interestingという言葉を先に習うケースが多いね。人間、最初に覚えたことが一番頭に残るものだから(このへん、心理学的にどうかは私の範疇ではないので分からないけど)、ちょっと厄介だ。もっとも、interestedはたしかに形容詞で「興味を持っている」という意味があるから、それ自体は問題ないんだけどね。
2011/01/26(水) 12:21:47 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。