イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あえて言おう、目が痛いと!
2011年01月22日 (土) | 編集 |
22. I think that it is very probable. (492)

「十分にあり得ると思います。」



今日は一日家にこもり、新しい授業のテクストを考えるのと、期末試験の問題に使うための単語リストの作成に明け暮れた。単語は主に学生さんたちが今後英語でニュースを読む時に使う可能性の高いものをピックアップしたつもりだが、さて、どんなものかよく分からない。というか、細かい作業は目が疲れる!


さて本日の一言。
これは、マッカーシー青年が無実と思いますか、と問われて答えたホームズの台詞。これは非常にうまいと思う。というのも、明確にYesでもNoでもない答えだからだ。こういう答えは、「結構です」という、いいのか悪いのかはっきりしない言葉を好む日本人には非常に便利な表現といえるだろう。(断っておくが、私はこの、相手の気持ちを「察する」文化はすばらしいものと思っている。そして、自分たちが海外の人たちのように、はっきりと要求を伝える、というよりも、むしろはっきり言わないと相手のことを理解できない彼らに、早く我々のところまでレベルをあげてもらいたい、と思うくらいだ)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。