イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルがないな
2011年01月08日 (土) | 編集 |
8. Quite so. (437)

「全くその通りさ」



今日からLittle Dorritの再々読を開始した。
やはり細かいメモをとりながら読むのは面白い。今日は48ページまで読んだが、なにせこの大作、838ページまであるので、実質的にまだ800ページ近くも残っていることになる。なんとか早めに読み終えてしまいたいところだが。


さて、今日の短い一節は、ワトソンの言葉に同意したホームズの一言。
見ての通り、全くどうってことはない表現ではあるが、意外と使いどころが多い。相手に同意したいとき、日本人だと、まずI agree with youという型どおりの表現を思い浮かべるだろうが、ともかくこれでは堅すぎる。You are rightというのも同様。かといって、たとえばYeah!などと言うと、これも同意を表すが、今度は軽すぎてアホみたい。全くその通り、と同意したいが、スマートにやりたい。そういうとき、このQuite so.というのはなかなかよいだろう。

これもまた口語的な表現であるので、目上の人に使うのはどうかと思うが、そうでない場合はなかなかよいと思う。すくなくとも、あっさりYeah,(ヤァ)言って、アホのアメリカ人みたいになるよりはましである。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。