イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こういう時、焦ったほうが恥ずかしいのよね
2011年01月06日 (木) | 編集 |
6. I have no data yet. It is a capital mistake to theorise before one has data. Insensibly one begins to twist facts to suit theories, instead of theories to suit facts. (431)

「まだ確かな情報がないからね。情報を得る前にあれこれ仮説をたてるのは大きな間違いだよ。愚かしいことに、人はその仮説にあうように事実をねじ曲げ始めるからね。仮説の方を事実に合わせるするのではなく、ね。」



今日は修論の締切りではなかろうか。
関係者がここを見ているとは思えないが、もし今日出された方がいたら、お疲れ様である。自分の時を思い出すと、本当にゾッとする。。。

今日は昨日の夜作成したシラバス関係の書類を大学に送るために駅前の郵便局へ。既に事務が宛先を印字した上に切手まで貼った封筒を同封してくれていたため、やるのは書類を入れて窓口に持っていくだけ。念の為にその切手で足りているかを聴いてみたが、全く問題なし。晴れて、シラバスのお仕事は無事完了した。

その後一路三宮へ。セールの名残がないかな、と思い街を見ていると、行きつけのゲーム屋が端数切捨てセールではないか!大急ぎで3本(というのも、3本以上買わないといけないから)買ってカウンターへ持って行くが、どうも様子がおかしい。ふと気がつくと、端数切捨てのシステムが今まで私が経験してきたものと異なっている!いつもだと、「各ソフトの端数(1490円なら、490円)を切り捨ててくれるのだが、今回はそうではなく、「合計金額」の端数を切り捨てるのだとか。まあそりゃあ、商売上がったりだからそうなるだろうなあ。とはいえ、システムが違うということは、当然得をするために買うべきソフトも違うということだ。分かりやすく言うと、単に各ソフトの端数が切り捨てになる場合、当然1980円とか、3980円といったような、端数ができるだけ大きなソフトを選んだほうが得が大きい。一方、合計金額の端数、となった場合は、当然各ソフトの端数の和ができるだけ大きくなるよう調整しなくてはならない。しかも困ったことに、「この3本ですね?」と店員さんに計算してもらったのと同時にこの事実に気づいたので、「すいません、ちょっと間違えました!!」と言って別のソフトを選びに行くはめになり、かなり恥ずかしかった。やはり人間、焦ったほうが負けである。
もっとも、再調整の結果、全部で930円引きになった。ソフトの値段の付け方の都合上(このあたりは分かる人しか分からないことだが)、値下げ額は最高でも940円なので、まあ十分得したと言える買い物になった。それにしても、端数の関係で評判の悪いFF13とか買ってしまった。一応、ネタとしてはやってみたいが、やる時間あるだろうか。


さて本日の一言。
これはあまりの格好良さに、速攻で暗記した台詞である。
依頼人の謎めいた手紙を見たワトソンは、いったいどういうことだろう、とホームズに問いかける。その問いに対する返答がこれだ。ここではデータは情報と訳してみたが、ともかくデータのない段階であれこれ考えるのは百害あって一利なし、という考え方はよくわかる。

これはとりわけ我々研究者が気をつけねばならないことだ。
たとえば、「~ではないだろうか!?」という仮説を立てたとする。非常に面白いアイディアで、また十分可能性がありそうだとする。よい論文が書けそうな気がして、研究に取りかかる。ところが、データを集めていくと、思うような結果が出ない。こう言うとき、どうするか。もちろん、仮説を捨てることが必要なのだが、人間というのは欲深いもので、一度たてた仮説というのはなかなか捨てられない(こだわりがあるとなおさらだ)。その結果、最悪の場合には、恣意的に、自分の仮説に沿うようなデータばかりを抽出したり、もっと悪い場合には(これは最低だが)、データを改竄したりしてしまう。こういうのは研究者として、いやそもそも人間として失格していると言わざるを得ない。一研究者として、戒めにしたい言葉である。

もっとも、用法はいろいろ考えられる。たとえば、「~についてどう思いますか?」とか、「~をどうしたらよいと思いますか?」と聞かれたとしよう。それに対し、自分の意見は持っているが、証拠がしっかりとはしていない。そんなとき、

It is a capital mistake to theorise before one has data, but in my opinion, . . .

という感じで、自分の意見を言う前にワンクッション置くのに使うことができるだろう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。