イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヴだからさ
2010年12月25日 (土) | 編集 |


タイトルから、「ああ、これは例によってポメラで24日に書いたんだな」と察していただきたい。




「諸君、街はカップルで溢れている。なぜだ!?」

「イブだからさ」



というわけで、昨日は家族で食事に行ってきた(あれ、ここ文章つながっていないぞ、と思ったそこの方。気のせいです。そう、気のせいなんです。ええ、そうです。気のせいです。気にしたらいけないところです、そこ。)


まあ気を取り直して、食事である。

実はクリスマスには、物心がついて以来、ほとんど毎年のように予約して行っているレストランがあるのだ。去年は留学中だったため当然行かなかったので(両親は昨年体調不良で行かなかったらしい)、久しぶりのレストランになる。
付けだしに始まり、オードブル、スープ、伊勢エビ、神戸牛ステーキ、デザート、という最高の取り合わせだった。いつも通り、味も申し分ない。

それにしても、とここで時の経過を感じずにはおられない。
昔と比べて、圧倒的なまでに、食べることができないのだ。というのも、1年の海外生活を経て、元々小さかった胃袋が、さらに小さくなってしまったような気がするのである。具体的には、伊勢エビまではすべてをこなすことができたのだが、メインであるはずのステーキの途中で力つき、肝心のメインを3分の1食べきれなかったのだ。非常に残念きわまりない(父親が残りを軽くすべて食べてしまったので、さらに残念きわまりない)。

輪をかけてショックだったのは、母は肉こそ3分の2ほど父に譲ったものの、付け合わせの野菜をすべて食べ、なおかつあろうことか私が残した付け合わせの野菜まで平らげてしまったのだ。
しかも、家に帰ってきてからふと見ると、ポップコーンなど摘んでいる!

負けた、と思うほかはない。
が、同時に、胃袋はどうにもならんな、とある程度以上あきらめの気持ちにもなるのだ。

私の場合、胃袋が小さくなったのは、多少は自分の努力に負うところもある。詳細に書くと長くなりかねないので手短にするが、私は大学1年生の頃、体育の授業のような運動をする機会がなくなったことで、今までのように食べていてはいかん、と気づき、そこから一念発起して、少しずつ食べる量を減らしていった。その結果、体重がある程度低いところで安定するとともに、胃がどんどん縮小して行っていた。おかげで、大学入学の時に買ったズボンが今でも余裕で使える、、、というか、むしろそのズボンが大きく感じられる。

が、弊害もある。最大の問題は、今回のように、おいしい料理をたくさん食べたいと思っても、食べられない時である。これはつらい。だが、どうにもならない。これ以上食べたらパンクする、というのが自分ではわかるからだ。結局あきらめるしかないのである。
それでも、だとしても、こう言うときはやはり口惜しい。

ちなみにイギリスでは食べ物を残してもそれほど残念に思わなかったが(量が多いし、その割に味は。。。)、日本では痛烈に胸が痛む。やはり日本の食べ物はレベルが高い、ということか。
最後に一言、

「イギリスとは違うのだよ、イギリスとは。」
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
伊勢海老!!
最近、伊勢海老を食べてないことにきづいた、にむです。

それはさておき、胃袋の縮小傾向ですが、毎回の食事でちょっと無理して、限界点からもう一口食べるようにするとなおります よ。

私はこの、「げんかいとっぱ」を繰り返した結果、すっかり大食いになってしまいました。

いまでは、きゅっとしまったバスト、豊満なウエストに困惑しております。

小食なミコーバさんがうらやましくてなりません。。。。
2010/12/26(日) 14:14:50 | URL | nimu #Ybw1CIdM[ 編集]
Re: nimuさん
最近伊勢海老を食べていない、という台詞もけっこう凄いですよね。

それはさておき、限界突破、確かに胃が大きくなりそうですね。ただ、もうその一口が入らないんですよね。。。だいぶ前に気づきましたが、お腹って、花瓶に少しずつ水を入れるように徐々に一杯になるのではなく、一気に一杯になってしまいます。
2010/12/27(月) 23:37:57 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。