イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリーナー、侵入
2009年09月21日 (月) | 編集 |
ついに新しい生徒が入ったのか(前の記事参照)、と思ったら。。。


「クリーナーじゃないか!!」


何のことはない、昨日で多くの2008年から2009年の学生の寮との契約が切れたので、今日、早速クリーナーが彼らの部屋を掃除しに来ているのである。どうりで

4号室と5号室と7号室と8号室だ」(6号室は私が使ってる)
「俺は7号室だ」
「私はこっち」


とか言っている訳だ。

しかし、彼らがクリーニングしているので思い切り外に出づらい。どうしたらいいんだ?というか、いつまで続くんだ???
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
我慢しましょう。。。
私のところも、先週、毎年恒例(?)の窓クリーニングが来ました。マスター・キーで、おっさんたちがドカドカっと侵入してきて、ドアをガンガンノックして、Window cleaning service!!と怒鳴りました。おずおずとドアを開けて、掃除してもらいました。私のところも、クリーナーは窓の業者も、玄関掃除係にしても、態度が大きいです。奇麗にしてもらうため、耐えるしかないですね(苦笑)
2009/09/21(月) 15:40:18 | URL | Little Nell #-[ 編集]
Re: Little Nellさん
うちは週に2回、キッチンのクリーナーが来るのですが、基本的に朝やってきて「がーっ」と掃除していなくなります。そちらは全然気にならないのですが(むしろごみを掃除してくれてありがたい)、今回のクリーニングは、寮に新しく入る人のために元の状態に戻すクリーニング作業だったようで、結構大掛かりで大変でした。しかし、入寮者としてはおかしいくらいの騒がしさでしたから、新しい学生さんじゃなくてクリーナーでまだよかったな、と思ってます(笑)。

なお、「態度が大きい」、というのは強く納得です。
2009/09/21(月) 19:15:54 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。