イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見せてもらおうか、本場アメリカから来たバーガーの大きさとやらを!
2010年12月14日 (火) | 編集 |



なんかこのタイプのタイトルやたら多いなあ。アイディア枯渇については陳謝するしかない。

なにはともあれ、現在、マクドナルドでテキサスバーガーというアメリカンな雰囲気ありまくりのバーガーを食べているところ。

後ほど詳細追記予定。


というわけで、その感想など。

例によって紙の箱に入っているので、箱をオープン。すると中からは上記写真のような、ビッグマックよりは小さいが、クォーターパウンダーよりは大きい、という程度のハンバーガーが出てきた。まず目に止まったのは、やたらパンに艶がある、ということ。100円のハンバーガーや、ビッグマックでも、これはなかなかお目にかかれない。食べてみると、なるほど、柔らかい。いつもよりは上質のパンを使っているようだ。ただし、あくまで「マクドナルドレベルの上質なパン」なので、そこのところはお間違えなく。

パテはそれなりに肉厚がある。個々の部分はクォーターパウンダーに近い、と言ってよいだろう。最大の違いは、かりかりに焼いたベーコンなどが入っている、ということ。そういえばイギリスで食べたバーガーキングにも似たようなメニューがあった。ベーコンとハンバーグが両方はいって高カロリー、というのがアメリカのハンバーガーの典型的パターンらしい。


最大の特徴はそのソース。一口食べて分かったが、いわゆるバーベキューソースというソースが使われている。このソース、口で説明するのは難しいのだが、独特の甘辛のソースで、好きな人にはたまらない味、という印象のシロモノである。食べているだけで、河原で肉中心のバーベキューをしながら「わー」とかアホな叫びを上げているアメリカ人の姿が目に浮かぶ。。。かどうかは、その人次第。


全体の印象としては、それなりに食べ答えのある、アメリカンバリバリのハンバーガーセット、というところか。
ただし、明らかにカロリーが高いのは言うまでもない。ついでに言えば、このセット(ポテトとコーラ付き)で740円は高すぎる気がする。高級感ということでいけば、モスバーガーにはだいぶ劣る。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ハッハッハ、ソレガユーノマキシマムデスカー?
2010/12/14(火) 14:05:53 | URL | 電脳不敗 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> ハッハッハ、ソレガユーノマキシマムデスカー?

なんと、そんなネタがあったのか!しかも調べたら、ぴったしではないですか。テキサスマックだし。いやはや、やはりまだまだ精進が必要と分かりました。まあゲッターはスパロボでしか知らないので、ご容赦を。

何気にこちらへの初コメントありがとうございます。
2010/12/14(火) 15:11:54 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。