イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリポタかよ!
2010年09月03日 (金) | 編集 |
まず最初に、今日、電光石火の展開で、無事論文を3部提出することが出来た。

昨日まで、まだかまだかと連絡を待っていた状況からすると、180度変わったような印象すら受ける。

そして、その180度の変化に違わず、非常に盛り沢山な一日になった。

以下、その動きをまとめてみたい。


9時頃に起きだし、朝食を食べながら、「今日はどこか行きたいな」と思う。昨日も一昨日も、素晴らしい天気だったにもかかわらず、連絡待ちのためにほとんど外に出られなかったのだ。午前中は地味に梱包作業等やっていたのだが、これじゃだめだ、と思い、昼過ぎに外出。目的地はいつものフィッシュアンドチップス屋。たまに外で昼食を食べたくなったのだ。ここで久しぶりのフィッシュを堪能、2時頃に寮に帰りつく。

いつも、13時半から14時頃にメールが届くので(製本会社から)、期待感を持ってPCを開くも、返答なし。
仕方がない、最後の手段だ、とばかりに、電話をしてみる。3コールで男が出たので、注文の問い合わせがしたいんだけど、と言う。名前を聞かれたので、名前を言うと、すぐに、彼はこうのたもうた。


「ああ、それならもう出来てるよ。」



おいー!できてるなら連絡してくれよ、と思ったのは言うまでもない。どうすれば良いですか、と聞くと、



「大抵の人はウチまで取りに来るよ」



とのこと。なるほど、確かにそれが一番確実な手だろう。じゃあ今から行きますんで、と言って、私は再び外へ飛び出した。


この製本会社、若干中途半端な場所にある。具体的には、最寄り駅からたった3分でいける隣の駅から、更に少し歩いたところ。これだけで、その微妙な位置関係がわかりそうなものだ。が、行ったことがないので、とりあえずまず行きは電車で行くことに。チケットを買い、駅員にどのプラットホームか確認し、いざ出発。2両編成に揺られること3分ほど、目的のショボイ駅に到着する。なんと、無人駅だった(注:イギリスはまだまだ結構多い)


ここから歩くこと10分ほど、建築会社の工場のような外観の場所に、それはあった。


本当にここかよ、と思いつつも、入り口を見ると、なるほど、確かに製本会社と書いてある。ドアを開けると、中から明らかに論文ぽいものを抱えた女性が出てきたので、ははあ、同じ要件だな、と思いつつ、階段を上がる。

超がつくほど雑然とした部屋には男が三人。受付らしい男性に、頼んでいた論文を受け取りに来た、と言う。名前を聞かれたので、名前を言うと、ちょっと固まり、1部か、という。いやいやいや、4部だ、というと、難しい顔をして、ハードバインディングかソフトバインディングか、と言う。ソフトバインディングだ、というも、更に難しい顔。こちとら、相当心配になる。おいおい、電話で「もう出来た」って言ってたじゃないかよ。なんていい加減な会社なんだ、と思ったのは言うまでもない。

っと、次の瞬間。
男性が、非常にわざとらしく「あっ」というような表情をしたかと思うと、その足元から4冊の論文を取り出した>。そして一言、



As if a magic(あたかも魔法のようにぱっと出現)




お~い!!ネタかよ!!!



誰もネタをやってくれ、と頼んでいないんだが。。。とはいえ、無反応も申し訳ないので、Fantasticと言っておいた。
なんとも庶民的なお店だなあ、という思いを抱きながら精算を済ませて店を後にする。


帰りは歩いて街の中心部へ。歩いても10分ちょいしかかからなかった。殺人的な日本の夏を歩くのとは違い、イギリスは9月でも十分外を歩ける(但し今日は多少暑かった)。

街の中心に付いたところで3時50分ほど。これは、大学に行って、ぎりぎり提出できるのでは、と思いつく。早速バスに飛び乗り、大学へ。ここから図書館へ直行、この時点で4時20分。ここで提出の際に必要なフォームを3部コピー、タイトルや名前、指導教官名、更には締切日などを記入する。3部同じことを書くのはかなり面倒で、おまけに若干書き間違えてしまったので、もう一枚コピー。多少時間を取られつつも、なんとか4時35分にはすべてを書き上げる。

その紙と、3冊の論文を持って、セクレタリーのジャンの部屋へ。提出しに来た、というと、あっさり受け取ってくれた。その場で今コピーしたばかりの書類と論文にひとつずつサイン、無事、提出作業は完了した。

流石に疲れた私はその足で行きつけの学内カフェに向い、コーヒーを一杯。ここでほっと一息付いた後、家路についた。


かくて、私の長い一日のメインイベントは幕を閉じたのであった。

当初から、9月3日に提出することを目標としており、製本の関係で、一度は(というか今日の朝まで。いやいやいや、論文を受け取った段階まで)、今日出すということを諦めていたのだが、丁度時間があったので、無事、当初の目標を達成することが出来た。実際のところ、別に今日出すこと自体に大きな意義はないのだが、私の中では非常に大きな達成感がある。何かに勝ったような、そんな気分である。

さて、これでひと仕事、いやいや、大仕事が終わった。
明日はロンドンで買い物を楽しむとしよう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
めでたい
おつかれさま!!
・・・にしても、製本会社の人、個人的にはかなりツボ(笑)
でも、Nabeさんだったから良かったけど、焦っているお客さんだったら刺されてしまうかも!?
2010/09/05(日) 02:47:54 | URL | おけいはん #-[ 編集]
こんぐらっちゅれいしょ~ん!!
4冊生み出しましたか!!
おめでとうございます。

私もタラタラしてないでちゃんと書かないと・・・・・!!
2010/09/05(日) 09:37:00 | URL | nimu #Ybw1CIdM[ 編集]
Re: おけいはんさん
ありがとうございます。
僕もびっくりしましたよ。メールは来ないわ電話でできてるといったのにできてないわだったらもう悲惨だ、と。とはいえ、ジョークで本当に幸いでした。
2010/09/06(月) 22:06:45 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
Re: nimuさん
ありがとうございます。4冊と言っても同じ本を4つ、というだけですからね。4つ別々のものを生み出していたら、それはそれで凄いですが。
2010/09/06(月) 22:07:30 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。