イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認めたくないものだな、この重さは
2010年09月02日 (木) | 編集 |
何度も似たようなタイトルを利用しているが、タイトルのネタも無尽蔵には存在していない、ということでご容赦願いたい。


さて、まず今日はいきなりこの写真をご覧あれ。


20100902


私がこちらで購入し、日本に送る予定のDVDとゲームたち「一部」である。

ゲームマニア(?)の私は、渡英直後から(実際,次の日から)ゲーム屋を探索し、海外でしか手に入らないゲームを購入していたのであるが、気づけばこんなになっていた。上述のように、これは「一部」であり、箱に収まらなかったものがまだある、という点はご留意いただきたい。


さて問題は、これをどうやって送るかである。

ベストは、今度来てもらう運送業者さんに,他の荷物と一緒に送ってもらうという手だが、私が頼んだのは別送品で、いわゆる身の回り品の郵送に当たる。これらのDVDやゲームが、身の回り品として認定していただけるか(なにせ数が多いので)、それが心配なところだ。

もう一つ,彼らは壊れる危険性のある電化製品は扱わない、ということで、このDVDにせよゲームにせよ,極めて微妙な立ち位置にある製品ということになる。はてさてどうしたものか、論文に比べれば可愛いものだが,現在私が頭を悩ませているのはこんな問題である。

目下のところ、どうせロイヤルメールで送るのも高くつくし、実際問題これらは「本当に身の回り品」なのだから、他の本や服,書類と一緒に送るつもりである。
もし万が一断られたら、その時は別途,ロイヤルメールで送るしかあるまい。

しかし、一応壊れては困るので、どうやってうまいこと梱包するか,現在頭をひねっているところである。


なお、運送業者は、9日に来てくれることになった。当初は13日を希望していたのだが、調べたところすでに予約がいっぱいということで、やむなく前倒しになったのだ。全く問題がないとは言わないが、まあ大丈夫だろう。


あとは、ともかく製本会社である。

明日午前中に何もなければ,電話しよう。土日はどうせ休みだし。。。


なお、箱の中に何か興味のあるものがあれば、どうぞご指摘を。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。