イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の一ページ:使えるサイトが、また一ページ
2010年08月10日 (火) | 編集 |
あれ、今日はタイトルが少しいつもと違うぞ、と思った方へ。
そう、今日は一枚ではなく一ページ、それも、ページと言っても本のページではなく、インターネットサイトの一ページである。つい先ほど、


「おいおい、これ結構重要な情報じゃない?」


と思わせるようなことの書いてあるサイトを発見した(正確には、サイトの重要性を再認識した)ので、そのリンクを貼って紹介しておきたい。


その前に一言、今日の流れ。

いつものように朝起きて、メールをチェックすると、指導教官のニコラから超長文メール(紙にしてA45枚、笑)が来ていた。先日送った私のDissertationを読んでくれたらしい。普通、指導教官は最初の2章とか、あるいは5千字までしか読んでくれない、とか、そういうルールがあるらしいのだが、どうやら私が書いた、2万1千語、すべて読んでいただいたらしい。ありがたい限りである。

で、彼女は修正ポイント(大部分は英語について)を指摘した上で、論の中でこういう問題があるので、ここをこう考えたほうが良い、というようなサジェスチョンをしてくれたのだが、、、



「そのメールの英語が難しくて何を言っているのかよくわからない!(おい)」



いやいや、こちらもプロなので、ある程度何を書いているのかはわかるのだが、細かい言い回しなどがやたら凝っていて、非常に難解なのだ。まるでメールなのに文学論文を読んでいるような、そんな気分にさせられる(そういえばニコラの論文はいつも難しい気がする)。感謝のメールと一緒に、ここはどういう意味ですか、と再度質問してみると、即効で返事が。それで多少ポイントが分かったのだが、ここで聞いていなかったら、おそらく絶対にわからなかったろう。うーん、恐ろしい。

とはいえ、わざわざすべて見てくださったし、論自体は変更する必要がないと言っていただいたので、細かいところを煮詰めていきたいと思う。とりあえず指摘してもらった英語の箇所は全部修正した。キャラの名前の綴りミスまで指摘されるとは、恥ずかしい限りである(もちろん、打ち間違え)。

それ以外は、主に明日行うRのスピーチ練習に費やした.おそらくこちらでのスピーチも明日で終わりだろう(というか、終わりでないとちょっと困る)。なんとかしっかりこなしてきたいところだ。
ちなみに明日はその後、オックスフォード観光まで控えていて、一日潰れるのは眼に見えている。
ともかく、明後日から再び論文頑張ろう。



さて、最初に書いたサイトの話へ。

8月ともなると、そろそろ帰国のことなど、色々考えることができてきて精神的にしんどい。
そんな中、前からチェクしていたイギリス情報サイトを見ていたところ、



「あれ、このサイト、思っていた以上に使えるんでは?」




と思わされた。今更感があるが、リンクを貼っておきたい。こちらのサイトである。



英国入門



以前も一度紹介したかもしれないが、イギリスに着いて、結構細かく色々な情報を提供してくれる優良サイトである。

今回、何気なくこのサイトの上部、英国入門という文字の横に、「食、料理」という項目があるのを発見、ついクリックしてしまった。

すると、あらまあ、オレンジジュースからシリアルまで、日々の食生活に欠かせない食べ物の詳細な説明から、オススメの食べ方、更にはオススメの商品と価格まで、かなり細かく網羅してあるではないか!もちろん、価格とかは変わってしまっているかもしれないが、情報は十分に使えるものである(なにせ、よくスーパーで見かける商品ばかりなのだから)。しまった、もっと早くに見ておくべきだった、と今さらながら思わされてしまう。


特にこれから渡英される方で、食生活が気になる方は、ぜひ、上記サイトの「食、料理」という項目(真ん中上の方にある)をクリックしていただきたい。もちろん、食生活以外の情報も豊富である。

面倒な方のために、直接リンクも貼っておく。


食、料理
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。