イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見た目で選んで、何が悪いの?
2010年07月17日 (土) | 編集 |
前回の日記では確かケンブリッジ小旅行についての詳細を記したのだと記憶しているが、早いものでもうそれから一週間も経ってしまった。
7月も中旬を過ぎて後半に入ろうとしている。気持ちばかりが焦る今日この頃であるが、日本の皆さん、特に日本の研究室の皆さんは、そろそろ夏休みということで一番楽しい時期ではなかろうか。


さて今週の動きであるが、正直余り書くことがない。というのも、水曜日こそマイケルの講演を聞きに出かけたが、全体に寮の部屋にこもり気味で、新規に書く事がないのだ。

そこで今日は、イギリス生活を少しでも楽にする、そんな情報について書きたいと思う。


今の世の中、快適に過ごすためには、昔と異なり、様々な機械類が必須になってくる。
その最たるものはパソコンであるが、その次に挙げても良いのが(人によってはこちらがトップに来るかも知れないが)、


携帯電話


であろう。

待ち合わせをするのにも、連絡をするのにも、今はこれがなくては始まらない。人によってはスケジュール管理から何から、全てをこれでやっている人もいるだろう。私自身、大学の3年までは携帯電話をもたずに生きてきて、実際特に不便さは感じていなかったのだが、いざ持ち出してしまうと、手放せないアイテムになってしまった。


同じことは実は海外生活にも当てはまる。電車に乗り込むと、乗客の誰かが必ず携帯電話をいじっている、というのは、何も日本に限定された光景ではない。こちらでも度々見られる光景である。

今の世の中、便利なもので、我々の携帯電話は海外でも使用できるようになっている。が、日本で使うように、自分の携帯を海外で利用する日本人は殆ど存在しないだろう。
なぜなら、通信会社の関係で、海外ではバカでかい量の通信料が発生してしまうからである。

私自身、日本の携帯をこちらに持ってきている。そして、時々使っている。メールを送るのに1通105円かかるが、月々1300円ほどは無料で使えるので、それくらいは使っても問題がないからである。が、もちろんこれをメインで使うことはない。そんな事をすればあっという間に破産してしまうのは明白だからだ。

では、どうすればよいか?もちろん別途、海外の携帯電話を使うのが良い。
この場合、方法は大きく分けて二通り、いや、正確には三通りある。


(1)日本で海外の携帯電話の契約を結ぶ
(2)海外で、海外の携帯電話の契約を結ぶ
(3)海外の携帯電話機を確保し、海外でプリペイドのSIMカードを購入する。



まず一番は割とよくあるパターンだ。日本で契約を斡旋している会社は幾つかあるはず。確かブリティッシュカウンシルのオリエンテーションの際も、そんな紙が配られていたはず。なので、もし興味のある人は、そちらのサイトから探し出すことが可能だろう。

二番目は、長期留学をする人などにオススメするパターン。一旦こちらに来てなれたところで、こちらの携帯ショップに行って、こちらの会社と契約を結ぶ、という方法である。身近なところだと、プンが先日、こちらでアイフォンの契約を結んでいた。彼女の場合、あと最低3年はこちらで生活するので、十分に価値があるだろう。加えて、彼女が契約を結んだ、その約半月後に、イギリスではアイフォンの新規契約での定額制が廃止されたため、彼女は非常に良いタイミングで契約を結んだことになる。


そして真打が三番目のパターン、私が行い、そしてオススメするのがこの方法である。

日本の主要な携帯会社、ドコモ、au、ソフトバンク、どこでも良いが、どこでも現在は、月々基本料いくら、という契約を行うのが中心になっている。

ところが、これがイギリスになると勝手が違う。いわゆる、純粋なプリペイド契約を結べる携帯会社が複数存在するのだ(註:日本でもソフトバンクやauが純粋プリペイドをやっているらしい。が、私の知る限り、これを使っている人は一人も知らないし、これまで使ったことのある人自体、このブログを読んでいる人の中にはいないのではなかろうか)。

純粋プリペイドとは、読んで字のごとく、利用者が一定の金額を支払う。利用者はその分だけ携帯を使える、というシステムだ。いわゆる基本料という形で、毎月維持費を払わされることがないのが最大の魅力と言えるだろう。
私の場合、以下の会社を利用している。


http://www.lycamobile.co.uk/index.aspx?lang=EN


読み方は、ライカモバイル
サイトの色使いなど、かなりチープでかつ怪しいが、全国展開するまともな会社である(多分)。


システムは極めて簡単。まずこの携帯会社のカードを扱っている手近なお店(スーパー等)で、SIMカードを購入する。私が買ったときは、確か10ポンドだったと思うが、記憶は定かではない。
これをこちらの携帯電話に挿し込めば準備完了。

とはいえ、これだけでは電話をかけることが出来ない。当たり前で、プリペイドなのに、前払いしていないからである。ここで再び、上記スーパーへ。ここで、



I would like to buy a ... pound top up for (会社名).



と言えば、向こうがその値段分のカードみたいなものを渡してくれる。
このカードには、いわゆるコードが書かれていて、携帯にこの番号を入力して送信すれば、あとは自動的にお金が入金され、その金額分だけ電話をかけたり、メールを送ったりすることが出来るのである。


私の場合、二年ほど前にイギリスに1ヶ月滞在した父親がこちらで購入した携帯電話を持参し、そこに新しく買ったSIMカードを挿し込んで使ったのだが、問題なく使えた。父親は専門店でやってもらったらしいのだが、私の場合、ちょいちょいと自分でカードを挿し込み、自分でトップアップすることが出来たので、難しくない。ものの15分ほどで、海外で使える携帯電話が手に入ったわけである。


さて、この会社、何が良いかというと、日本への国際電話が非常に安いのである。

試しに私の日本の携帯を例に取るが、私のソフトバンク携帯で、同じくソフトバンクの家族に電話をしたとすると、1分で約200円近いお金がかかる。まあボッタクリも良いところであるが、通信会社の関係があるのでやむをえまい。

ところがこの海外の携帯電話の場合、実家の固定電話にかけるのが、なんと


1分5ペンス!(現在のレートで7円ほど)


携帯電話に対しても、


1分10ペンス!!(現在のレートで14円ほど)


でかけられてしまうのだ。国際電話は高い、という常識を、ほとんど打ち破るような値段である。

もちろん、欠点もある。
例えば、日本で多くの人がやるように、携帯でネットに繋いで情報を得る、などという芸当は出来ない。また、大抵の場合、携帯自体がかなり簡単設計なので、カメラなどはついていない。

しかし、上記の安さを考えれば、そんな問題は些細なもの、と片付けられるだろう。そもそも、大学寮の場合、各部屋でネットに繋ぐことが出来るし、また大学図書館でもネットは使える。わざわざで出先でネットを使わねばならないような状況にならないように、気をつければそれで良いことだろう。

海外生活は、噂通りカネがかかる。が、工夫次第でそのコストを減らすことは出来る。そんな事実を再認識させてくれるのが、このプリペイド携帯電話である。











最後に、この携帯電話について、ひとつだけ許せないことを。
それはデザインである。

まず先に、私の日本での携帯電話の写真をアップする。


2010071701


購入したのは2008年の3月になる。もうかれこれ2年、ということになるが、十分今でも通用するデザインと言えるだろう。使用感も含め、全体に満足している。






一方、海外のプリペイド携帯電話がこちら。


2010071702


嗚呼!!
分かっちゃいたけど、もう少しスマートにならないものか!!!



タイトルは昔、こういう名セリフを含んだCMがよく放送されていたことから。しかし、これで世代がわかる、と言っても良いな(苦笑)。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
きまぐれシェフの携帯ストラップ
Nabeさんの日本の携帯についてるストラップがものすごく気になるんです!!

鉛筆っぽいフォームのはおまもりでしょうか。
となりの赤と黒のムシみたいなのはなんでせうか??

なんだかすごぉく、気になります!!

手に入れた経緯とかも含めて教えていただけないでしょうか??
2010/07/18(日) 13:34:06 | URL | nimu #Ybw1CIdM[ 編集]
Re: nimuさん
まず鉛筆っぽいフォームのストラップですが、これはご指摘の通り、お守りです。いわゆる学業守という奴です。うちの地元の神社で購入したものです。昔はこういう形ではなかったのですが、数年前からストラップの学業守はこの形になりました。

そして、気になる赤と黒のストラップですが、これは

「鉄道むすめ」

というシリーズのストラップです。早い話が各鉄道会社の制服を着た女の子のストラップです。僕も詳しくはないのですが、今はシリーズ10まで出ているそうです。調べたところ、これはシリーズ6のもののようです。何やらJR東京駅の鉄道整備会社の制服だとか。地元ではないので全然わかりません。

ちなみに何故これを着けているかというと、実はこちらに来る前日、関空で見つけたガチャガチャで購入したのです。初めて見たのですが、「あ、これは良い」と一目惚れして、買ってしまいました(もちろんどのキャラになるかは分からず)。ちなみに海外で携帯を見せると、まず誰もが注目し、そして気にいるのがこのストラップです。なので、海外に行かれる際は、こういうアニメ関連グッズを身につけていくのも一つの手です。
2010/07/18(日) 14:03:42 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。