イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の一枚:ネットに繋がらなければどうということもない
2010年07月09日 (金) | 編集 |
今日もイングランドは快晴(日本は一部で大雨らしいが)。

しかし、やっぱりほぼ一日、部屋で過ごす羽目になった。まあこればっかりは仕方がない。


ところが、である。
昼間、さてと、メールが来ていないかな、とチェックしようと思うと、メールが全然読み込まない。仕方ない、混み合っているんだろうと解釈してTwitterを更新しようとすると、これまた全然更新されない。ヤフーのトップに行こうとしても、全然行かない。よーく見たら、右下でSkypeのマークがぐるぐる廻っている。

そう、ネットが切断されていたのである。

私はなんども言うようにイギリスの大学の寮にいるわけだが、寮で暮らしていると、こういう事は「時々」起こる。渡英当初にこういうことが起こったら非常に焦ったと思うが、さすがにもう慣れている。事務に言いに行って、あとは待つだけ。が、この待つだけが意外と長かった。

これまでのところ、たいてい2時間ほどで復旧したのだが、今回は昼の1時過ぎから断線が始まり、夕方5時になっても復旧しなかった。つまり、いつもの倍は時間が掛かっていたのである。もっとも復旧するのは非常に唐突で、先程までぐるぐる回転していたSkypeマークが固まったなあ、と思った瞬間がまさに復旧のタイミングであった。なにはともあれ、夜までに直ってくれてほっとした、というのが正直なところである。ネットに繋がらなければなにもできないのだから(論文は書けるが、同時進行で調べ物が出来ない。


さて、本日の一枚。

イギリスは緯度の関係で、日本と違い、夏は夜遅くまで非常に明るさが残っている。ではそれがどれくらいか、疑問に思う人もいると思うので、今日はそんな写真を。


20100709


これで何時くらいと思われるだろうか?
黒っぽいのはもちろん寮の隣の森である。深い色の、しかし青さの残る空が広がっている。もちろん、撮影するにあたり、フラッシュは炊いていない。











































これで、一応夜の9時半頃である

十分、外を歩き回れる明るさである。

但し、30分ほど経過して10時になると、さすがにだいぶ暗くなるので、この時間から出かけるのはやめておいたほうが良いだろう。


ちなみに冬はもう4時から暗い。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
うお、これはびっくり。日本の19:00ぐらいの明るさかな?

ちなみに、うちの研究棟も時々ネットが不通になります。その場合、俺は自宅に戻るんだけど、家にネット引いてない人は結構困るようだ。
2010/07/10(土) 03:15:47 | URL | i #JalddpaA[ 編集]
Re: i
そうだね。今の時期の日本で言えば、確かに夜の6時半、いや、7時頃だろうね。その30分で急激に暗くなっていく、というところは何処も同じ。

そうか、日本では実家ぐらしだから分からないけど、今でも家にネットを引いていない人っているんだね。今時研究するにしても何にしてもネットが不可欠だから、家でも仕事場〔大学)でもネットが使えないとキツイ。ちなみにうちの寮のネット、復旧はしたんだけど、今度はうちの大学のサイト(図書館、メール、本サイト含めて全て)に一切アクセス出来ないという罠。周りの人にも同じ状況を確認したから、どうやらなんかテクニカルプロブレムがあったようだ。一体何があったんだろう?
2010/07/10(土) 21:12:50 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。