イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の一枚:地図を読まない女、地図を読み間違う男
2010年07月05日 (月) | 編集 |
今日は、寮のシベル、プック、プンの3人と一緒に、ケンブリッジまで日帰り旅行に行ってきた。

天気晴れ時々曇り。最高気温22度という、日本の人からしたら許せないくらい絶好の行楽日和。おかげで天気に苦しめられることは全くなく、美女たちとの楽しい旅行になった。

ただ、タイトルにあるように、女性陣がプックを除いて地図を見ようとしないため、私とプックが地図読み担当で街を歩き回ったのだが、最後、見事に道に迷い、駅につくのがやたら遅くなってしまった。まあ、そういうこともある。


詳細は土曜日にまたアップするとして、とりあえず、本日の一枚を。

今日は3時頃に4人でレストランに入り、遅めの昼食をとった。

各人、4者4様の注文(というか、私は意図的に外した)。

プックはローストチキン。
プンはフィッシュアンドチップス。
シベルはチキンカリー(カレー9。
そして私はローストビーフ。

である。どれもイギリスの伝統的な料理と言えるものだ(チキンカレーは近年、代表的な食べ物の地位を獲得しつつある。明らかにインドから来たんだけどね)。
フィッシュアンドチップス評論家の私としては、フィッシュを注文するのが妥当なところだったのだが、上述したように、プンが注文したため、私は外して、別の名物料理、ローストビーフにした。

それがこちら。


20100705


見ての通り、非常に薄く切られたローストビーフが、グレイビーと絶妙のハーモニーを生み出し、非常に美味しかった。
また、見ての通り、肉が薄いので、分量的にもそれほど凄いことはなく(一番私のが少なかった)、スモールイーターの私には調度良い量であったことも見逃せない。
外でローストビーフを食べるのは初めてだったので、食事面でもしっかり楽しめた。

写真もいろいろとったので、徐々にいつもの場所にアップする予定(まだしてないけど)。

また、旅の詳細は土曜日に挙げるつもりなので、興味のある方はまたそちらを参照して欲しい。パンティング(ケンブリッジ伝統のボート)についても語る予定。


なおタイトルは、だいぶ昔にこんな感じのタイトルの本があったと思うので。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。