イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の一枚:黒船危機一髪!
2010年06月29日 (火) | 編集 |
今日はマイケルに知り合いの先生を紹介していただき、ディケンズ生誕の地であるポーツマスへ行ってきた。

私の住む場所からポーツマスまでは、電車で1時間半から2時間(種類によってスピードが違う)くらいかかる。まあ言ってみれば、神戸から京都に行くようなものだ。ところが、行きは2時間で着くはずが、最初の電車がトラブルで遅れ、乗り換え先の電車もトラブルで遅れ(おい)、最終的に2時間ではなく、2時間50分という超長旅になってしまった。自分ひとりならば良いのだが、現地で先生を待たせているので恐縮至極である。最も先生もイギリスの電車事情はよくご存知のようで(そりゃそうか)、特に問題はなかったようだ。

このポーツマス紀行は土曜日にまとめてアップするとして、とりあえず一枚だけ。


20100629


イギリス海軍最初の、鉄板を張り詰めた蒸気戦艦らしい(もちろん今は使われていない)。これを見ると敵の船が逃げていったということで、負けたことがないとか。
確かに間近で見るとなかなかに迫力がある。鉄板の部分が黒いため、そこが黒光りするのが、船の迫力を増させている。
かつてアメリカからペリーがやってきたとき、日本人も彼の船に圧倒されたのだと思うが、その要因の一つは間違いなく、船の「黒さ」が挙げられただろうなあ、と思わずにはいられない。かの「黒船」が白かったら、日本は開国していなかったかも、と思うくらいだ。って、これはなんか、ギャグマンガ日和のネタであったような。。。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。