イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の一枚:イギリスな、あまりにもイギリス的な
2010年06月28日 (月) | 編集 |
本日の一枚。


これまでの日記を見てみると、基本的に夕食の写真ばかりを「本日の一枚」として載せていて、それはさすがにいかんだろうと思い、今回は少し趣向を変えてみる。


というわけで、昼食の写真(大笑)。


20100628


イギリスのティー名物、スコーンである。

私はこれを昼食に食べることが多い。サイズにもよるのだが、これくらいのサイズの場合、基本的に二つ一度に食べる(それで調度良い)。上には例のクロテッドグリーム、そしてジャムを載せる。今回の場合、スコーンはセインズベリーというスーパーで買った普通のスコーンだが、上に載せるクリームとジャムは、ともにフォートナムメイソンのもの。当然、美味しくいただけた。

流石に名物だけあって、スコーンは割とスーパーで安くで買えるので、軽食としてはオススメである。
あれ、なんかこれと似たような文章を割と最近に書いたような気がするぞ???ひょっとして、既にスコーンの写真をアップして、同じようなことを書いていたのか!?
チェックしてみないと分からないが、その場合はスイマセン。


タイトル、実は元ネタが分からない(おい)。
ジョン・サザランドの論文タイトルにこれと似たのがあったのは覚えているのだが、もちろんそれも何かのパロディー。従って、結局元ネタは分からないのである。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
気になって調べたら、「人間的な、あまりにも人間的なもの」(ニーチェ)が元ネタっぽいね。どうやら。よく目にする言い回しだとは思ってたけど、ニーチェ先生だったとは。
2010/06/30(水) 15:01:59 | URL | i #JalddpaA[ 編集]
Re: i
なるほど、情報提供さんくす。ニーチェだったか。それは全然気づかなかった。まあ日記に挙げあtサザランドは文学作品含め、いろいろパロディーにしてタイトルつくるから、元ネタのニーチェだったとしても驚かないな。ところでそんな私の修論のタイトルもパロディーなんだが(苦笑)。
2010/06/30(水) 15:11:42 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。