イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の一枚:市販のとは違うのだよ、市販のとは!
2010年06月21日 (月) | 編集 |
昨日から初めてみた「本日の一枚」コーナーであるが、一昨日の日記更新と大差ない訪問者数を数えたので、それなりに好評だったようだ。

というわけで、今日もそのパターンでいってみよう。

本日の一枚はこちら。


20100621


毎度おなじみ、留学生の強い味方、トマトパスタである。
原材料はスパゲティ、トマト缶詰半分(一個39ペンス)、ベーコン(数切れで1.5ポンド)、玉ねぎ(1キロ1ポンド未満)、と、どれもリーズナブル。お腹にも懐にも優しいメニューである。

とはいえ、パスタはなんどもアップしている。何故わざわざパスタの写真をアップするのか。

それは、チーズにご注目いただきたい。
実はこれ、市販のチーズではなく、塊で買ったチーズを、機械(というか、手動の摺り機)で摺り下ろして作った、手製のチーズなのである。マークを中心としたヨーロッパ出身の学生は、パスタを食べるときに、上に市販の粉チーズではなく、こうやって塊のチーズを摺り下ろしてかけて食べていた。いつもそれを見ていた私は、いつか自分もやってみたい、と思い続けていたのである。そして、ついにその時がやってきた。マークが明日帰国するのに合わせて、色々な所有物を人に上げまくっているのだが、そんな物の中に、この摺り機があったのである。これはもらわない手はない。というわけで、早速それを使って自分で実践してみた次第である。

思った以上に簡単に作ることが出来た上、ホロホロとチーズがパスタの上にかかっていく様は、見ていても楽しい。あと数カ月ではあるが、有効利用したいアイテムが手に入った。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ついに、念願の摺り機ゲットですか!チーズも削られるまでは空気に触れていない分、きっと美味しいのでしょうね。
2010/06/21(月) 21:45:17 | URL | Little Nell #-[ 編集]
Re: Little Nellさん
自分で買おうとまでは思ってませんでしたので(あと数年暮らすならともかく)、なかなかよいタイミングでした。確かに新鮮なのが出来ますし、また作る過程も結構楽しいです。意外と簡単なのも良いですね。しかしヨーロッパの人は、料理に特に細かくこだわっていないような人でも(作り方とかを見ている限りでは、とてもこだわっているようには思えなかったので)、チーズにはこだわるんだなあ、と妙なところで感心しました(笑)。
2010/06/21(月) 21:57:45 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
チーズ摺り機
私も持ってます!
Nabeさんの持っている摺り機とは違うかもしれませんが、大根おろしみたいなタイプのもので、いろいろなチーズを摺ることができるので、超お気に入りですv
これまで、チェダーとゴーダとパルミジャーノ・レッジャーノなどを摺りおろしてきましたが、摺りおろす感触のよさと味からチェダーが一番のおすすめです。
日本ではいろいろな種類のチーズを安く仕入れることが比較的難しいので、アメリカに住みたい今日この頃です。
Nabeさんも、チーズ生活を今のうちに満喫しておいてくださいネ☆
2010/06/22(火) 09:02:42 | URL | nimu #Ybw1CIdM[ 編集]
Re: チーズ摺り職人nimuさん
たぶんほとんど同じものです。僕のも大根摺れますよ(問題は、大根が売っていないということで)。

チェダー、良いですよね。チーズ好きの僕も、チーズといえばチェダーだとお勧めします。多くの人はモッツァレラチーズが好きですが、色々なチーズを使ってグラタンを作ってきた経験からいわせていただければ、モッツァレラよりもチェダーの方が遥かに美味しいとろけ具合になります。nimuさんのお言葉を得て、僕の考えが間違いでは無かったと、今日で自信から確信に変わりました(古っ)。
2010/06/22(火) 22:57:28 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。