イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粉とは違うのだよ、粉とは!
2010年05月20日 (木) | 編集 |
一体このネタを元にいくつ日記のタイトルを編み出したことやら。。。


それはさておき、どうも頭が重い。元々頭痛持ちだが、頭痛、と言えるところまで行っていない中途半端な状況だけに、特に薬をのむわけにも行かず、非常に鬱陶しい状態が続いている。一番嫌なのは、夜寝て朝起きてもあまり状態が変わらないということ。眠りに凄い力があると常々主張している筆者としては、許しがたい事態である。

頭が重いせいか、食欲もあまりわかないそう言いながら、つい少し前、この前買ったクッキーを食べていたのは誰だ、と言う心の声もするが、実際問題、クッキーは美味しいが、いわゆる食事を食べだすとすすぐにお腹が一杯になってしまうのは困りものである。頭が痛いとたいてい食欲も失われるが、どうやら中途半端な状態でもそうらしい。いやはや、困ったものだ。



さて、食欲ではないのだが、その食事がらみの話題


何度かこの日記でも、「パスタがいいよ」「パスタオススメ」というようなことを書いてきている。パスタは一人暮らしの強い味方、というのは2ちゃんでも常識のようだが、これは海外生活でも当てはまる事実である。

ところで、皆さんはパスタを食べるとき、何をかけて食べるだろうか?とりあえず、いわゆるトマト味のイタリアンパスタだとしよう。何をかけるだろうか?私のようにたくさんタバスコをかけるか否かは別として、やはりチーズは外せないアイテムであろう。私はチーズ好きなので、粉チーズを大量にふりかけてパスタを食べる

今、粉チーズと言う言葉を使った。おそらく多くの人がそうだと思うが、パスタを食べるときは、あの緑の筒状の粉チーズを買って、それをふりかけていると思う。残念ながら、こちらではあの緑の奴が見あたらないので(どこかにあるはずだが、今のところ発見していない)、それと同じような奴を買って、ふりかけて食べている。上述したように、私は大量にふりかけるタイプなので、すぐに空になってしまい、比較的パスタを作ることが多いということと相まって、しょっちゅう買わなくてはならないのが難点だ。

そうやって異国で粉チーズを買って、パスタにふりかけ続けてはや8ヶ月(早いなあ)、ある時、気がついたことがある。



「あれ、そういや、他に粉チーズ使ってる人、いないな。」



そう、そうなのだ。パスタは一人暮らしの味方、とばかり、多くのフラットメイトは私同様、パスタを作っている。ところが、彼らが私が買っているような粉チーズを使っている姿を、未だかつて見てことがない。そもそも、冷蔵庫の中に、あの筒状のチーズを持っている人を、他に見た記憶がない。これは一体どういうことだろうか?海外の人は、日本人ほど、チーズを食べないのだろうか?


しかし、よーく観察していけば、答えはすぐに分かった。

彼らは、当然チーズをかける。だが、





「出来合いの粉チーズは使わない。塊のチーズを自分で削り機で削って粉にし、上に降りかけるのだ!!」





なんという本格的な手法!
しかも、極めて料理の美味いプックなどがこれをやるのならばともかく、寮の中で一番簡単なものしか作らないと言えるマークが率先してやっている。うーむ、これが本場のパスタと言う奴か(本場と言っても、マークはオーストリア人だけど)。

実際問題、そうやって自分で削った粉チーズは、傍目に異様なまでに美味しそうに見える。私も一度やってみようか。ただ、チーズは合っても、削る奴がないのが問題だ。言ってもあと数カ月、それだけのために買うのも何だしなあ。。。



興味のある方は、一度自分でお試しあれ。
いや、本当に美味しそうである。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。