イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上手に焼けました!
2010年05月15日 (土) | 編集 |
モンハンではない。



海外での研究生活、研究に行き詰まってくると、自然、楽しみはクッキングのみになってしまう、というのは経験者ならば分かっていただけることであろう。

しかし、その事実は置くとしても、今日の料理はうまく出来た

今日は残っていたマカロニ(というか小さいペンネ)を使って、マカロニグラタンを作った。こちらにやってきてから既に何度目になるか分からないほどよく食べているグラタンである。一人で生活していて良いことは、好きなものを自分で作って食べられる、ということだろう。

マカロニグラタン、材料さえ揃えば、作るのは難しくない。まずお湯を沸かし、塩を入れて、それでマカロニを茹でる。一応15分ほど、となっているが、パスタと違い、グラタンの場合、マカロニが硬いと洒落にならない。これでもか、というくらいゆでた方が良いだろう。多少柔らかくったってかまやしない。

その作業が中間地点くらいに到達したところでいよいよホワイトソースを作り出す。分量はとりあえずカンで大丈夫だ(流石)。バターを溶かし、それと同じくらいの分量の小麦粉を入れて、それを炒める。このとき、焦がさないように注意が必要だ。頃合を見て、少しずつミルクを足していく。あとは、だまができないように終始かき混ぜながら、とろみ具合とかを見て、丁度良くなったら完成である。塩胡椒はお好みで足すように。ただし、あとからチーズをかけるため、塩も胡椒もちょろっとだけで十分である。

この後、マカロニを更にもり、そこにホワイトソースとチーズをかけ、オーブンで焼く。温度は200度から220度くらい。時間は人によって好みも違うので、適宜中を見て調節するのが良い。

実は今日、一つ失敗した。いつもはオーブンに入れたあと、お茶を作り、ちょくちょくオーブンの中をチェックして、色合いを見て外に出して食べるようにしているのだが、今日は先に鍋などの皿洗いを敢行してしまった。これが予定より時間がかかってしまい、その間一度もオーブンの中をチェックできなかったのは言うまでもない。しまった、焦げていたらどうしよう、と思いつつ、皿洗い後急いでオーブンを開く。っと、




なんと美味しそうなきつね色!




論より証拠。写真をご覧あれ。



20100514



極めて美味しそうな具合に出来上がっている。まさしく、「上手に焼けましたー!」である。
見た目通り、味が絶妙だったのは言うまでもないだろう。なるほど、皿洗いをして、それからオーブンを開けるくらいで調度良いらしい。失敗した、と思ったが、これが逆に上手く作用したようだ。まさしく怪我の功名。今後の参考としたいところである。


もう一つ、実は夜中に凄まじいまでの大ピンチが訪れたのだが、それはまた明日にでも。




タイトルは言うまでもなく、ゲーム『モンスターハンター』より。私はPSP版でリオレウスを狩るまでが限界だった。ただ、自分のウデが上がっていくのを感じるのはとても楽しい。唯一の(そして私の場合、とてつもなく大きな)問題は、二種類しかいない虫系モンスターが嫌いで仕方ないため、狩りに出かけられる場所が思い切り限られている、ということか。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。