イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンチャンス、ありますよね!?
2010年04月29日 (木) | 編集 |
退路を絶たれたのか、それとも自ら退路を絶って背水の陣を敷いたのか。


この二つ、状況は全く同じなのに、受ける印象は全く違う。


果たして私はどちらだろうか。



今日、第一回Dissertation Meetingが開かれた。
少し早めに大学に行き、図書館で資料収集。その後目的の建物に良くと、コースメートのリサとアントニーと再会。やはり全員、金曜日に行われるMeetingのことが気になるようだ。しばらくしてヴェりティーらほかのコースメートがやってきところで会場の109号室へ向かう。109号室ってどこだっけ、と思っていたのだが、なんのことはない、秋学期にほぼ毎回授業に出ていたジョン・ホームズの研究室だった。参加メンバーも一緒。お茶が入れられるところも一緒。というわけで、ほとんどいつもと変わらなかった。違いがあるとすれば、Dissertation Meetingということで、執筆経験者として、先ごろPhdを獲得したという学生さんが一人来られていただけか。


例によってお茶をわかし、それが出来たところで説明会開始。といっても、今日の集まりはかなり大まかなもので、基本的に修士論文を書く上でのテーマ設定、書き方、研究の仕方などについて説明がなされた。まあ読者の多くの方はご存知のように、我がK大学はいわゆる放牧と言う教育システムのため、こういう説明会が行われることはほとんどない(学生によるものを除く)。必然的に、こういう話を聞く機会はまずないので、そういう意味で新鮮だった。

聞いていた感じだと、それほど日本での執筆戦略とそれほど違うとは思わなかったのだが、話を聞くうちに、大きな違いがあることに気づいた。

それは、日本で小説を研究する場合、普通ある作家の作品を一つ選んで、それについて50枚くらいの英語を書く、というのが基本的な執筆方法になる。こちらはどれほど話を聞いても、作品を一つ選んで、と言う話が出てこない。で、話をさらに聞いていくと、まず複数のテクストを扱うことが基本線となっているらしいことに気がついた。1つというのは相当珍しく、まずないらしい。

さて、先日から私はテーマを二つに絞り、どちらで研究したものかと悩んでいた。一つは典型的な作品論、もうひとつは作家論とも言うべきものであり、前者はひとつの作品(まあLittle Dorritなのだが)のあるモチーフについて扱うという、ある程度まとまりのあるネタで、もうひとつは、大まかに言うと、作者の想像力の源泉にせまるという、結構デカイ話であった。が、作品を複数扱うことが基本線、となると、こちらの選択肢は後者しかない。というわけで、これまでさんざん悩んできたが、この説明会を経て、後者で冒険に出るしかない、という結論に至った。


正直、前者のLittle Dorrit単独のネタのほうが、書くだけを考えれば簡単そうだし、また、一つのまとまりのある話は出来上がると思う。ただ、これで60枚も書けるのか、という不安はあった。また、これは海外で書くネタではないかな、とも思った。一人でも十分書けそうな気がしたからだ。そこからいくと、後者のネタは、非常に複雑で大きなものなのだが、前提として複数の作品に加えて作者の手紙なども大量に扱うことになるので、書く分量は大丈夫だろう。問題は、このでかい風呂敷を広げて、果たして上手くたたむことが出来るか、と言う点である。この点、非常に心配だ。


とはいえ、正直、色々調べていて、これは面白いかも知れない、と思ったのは、この後者のネタの方である。研究によって学ぶことも多いであろうし、おそらく自分にとって、ステップアップする上では調度良いネタであろう。

難しいネタの方に必然的に飛び込むことになったが、これが吉と出ることを祈りつつ、準備に精進したいところである。



うわ、凄い真面目な日記だ。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
がんばってますねv
このところ、私は頑張れていないので、Nabeさんの頑張りは、とても勉強になります。
素敵な学者さんになってください。
2010/04/29(木) 14:59:18 | URL | nimu #Ybw1CIdM[ 編集]
Re: nimuさん
僕も病気になるくらい悩んでいたのですが、水曜日の会合で多少吹っ切れました(というか、吹っ切らされた?)こちらの先生方の凄いところは、話しているとなんだかやれるような、そんな気にさせられるところです。

にむさん、物凄く大変そうですが、一人で悩まずに誰かに相談してくださいね。一人ではちょっと無理です。
2010/04/30(金) 17:44:42 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。