イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近視読者の休息
2010年04月23日 (金) | 編集 |
昨日エッセイを出したので、今日は流石にホッとした気分。

昨日も少し書いたが、疲れのせいか体調が少し優れず、朝起きた時から引き続きしんどかったので(こちらになってから鋭くなった体感だと、最も高い時で体温37度前半か)、今日は一日どこへも行かず、かといって建設的なお勉強もせず、休養して過ごした。

もっとも、久々に洗濯をしたら、今回は超久しぶりにベッドカバーやら枕カバーやらも洗濯したせいもあって意外と量が多く、必然的に手間がかかり、ランドリーと部屋を行ったり来たりするはめになったため、あまり休息にならなかったかもしれない。

とはいえ、洗濯の合間をぬってゆったりと昼寝をとり、また夕食に玉子丼をしっかりと食べたおかげもあって、今はだいぶ体調が改善してきた気がする。やはり「眠り」と栄養たっぷりの食事が、体調を整える上で最も重要なファクターであることを再確認出来た。


これから海外でお勉強される皆様へ。やはり卵とご飯、という組み合わせは、本当に日本人にパワーを与えてくれます。
ご参考まで。





で、建設的なことは出来なかったのだが、昨日に引き続き、午前中は日本のナイトゲームを見ることが出来た。ヤフー動画は海外では試聴出来ない(著作権の関係だろう)と言うスカ仕様なのだが、どういうわけか、現在無料のパ・リーグライブ中継は見ることが出来たので、「オリックス-日ハム」戦を見てみた。
以下、まあ普通の人にはわからなそうなマニアックな感想を書く


・先発近藤は相変わらず。いきなり先頭田中を歩かせた時点で嫌な予感がしたが、森本を2ナッシングから歩かせたりと人間が進歩しない様をまざまざと見せつけてくれた。いい加減幼稚なピッチングはやめてもらいたい。


・昨日書いた、今日のマスクは鈴木か日高か、という話題だが、思った通り日高で来た。先週、このバッテリーで好投しており、当然だろう。面白いもので、やはり彼のところに二打席ともチャンスが回ってきた。結果はタイムリーと敬遠気味のフォアボールであり、打撃ではその起用に応えてくれた。鈴木ならどうだったかは定かではないが、昨日で運を使い果たした可能性もあり、「鈴木を使うべきだ」というのは典型的結果論だろう。


・日ハムの二番、紺田はバントの出来る格好ではない。尻がひけすぎな上、左手を添える位置が若干根元に近すぎるため(右投げ左打ち)、バントの際、上手くバットをコントロールできない。おまけに上半身と下半身が全然連動していないため、打球に一切の力強さがない。打撃が課題、と言われるのがよく分かる、お手本のような反面教師ぶりだ。


・オリの万年ホープ、迎は、何故「万年」ホープなのか、まざまざと見せ作れた。1アウト2,3塁、高い内野ゴロや犠牲フライで1点という場面で、見事に初球をセカンドフライ。格好良くチャンスを潰してくれた。甘い球で、当然打つべき球だが、見ていて狙って打ったと言うより、甘かったからたまたま手を出したように見えた。見ていて、淡白。


・結局迎のところで点を取れなかった時点で、今日の試合は終わった。このチームは伝統的に犠牲フライを打つのが下手すぎる。1アウト以下、ランナー3塁の場面でヒットなど要らないから、犠牲フライを打つ練習だけして欲しいくらいだ。


・それと比べると、前述の全く打撃に力強さのない紺田が簡単に犠牲フライを打ってみせた場面は驚くとともに、根本的なチームの差を感じた。3塁にランナーを送れば必ず1点とる。こういう野球が出来るようにならなくては、強いチームにはなれない。


・T-岡田が、久しぶりに気迫を見せてくれた。初球のボール球を振ったあと、珍しく自分にカツ。結局2-3から痛烈なツーベースを放ってくれた。簡単に追い込まれても、最終的には2-2、2-3など、ある程度カウントを戻せるようになったあたり、大きな成長だ。


・6回から変わったキャッチャー前田は、低い送球を見せてくれたがランナーを刺せなかった。送球自体は悪くなかったので、これを続けて欲しい。ピッチャーのクイック次第で刺せる。


・6回から登板の2年目西は、ダイナミックなフォームながらオーソドックスなピッチャー。投げる度にスピードが上がる尻上がりな投球は先発向きか?全体にまとまっているが、まだまだ決め球がなく、1軍ではキツイ。


・坂口は状態が明らかに良くなってきたが、どうもゲッツーが多い。打球が速いと言うのもあるが、イマイチ運もない。


・赤田は2番で先発出場も、4打席目にヒットが出た以外はあまり良くなかった。2番より、6、7番くらいの方が向いているかも知れない。まあその場合、2番に困ることになるのだが、今だと迎か下山か。とはいえ、前者は万年ホープ、後者は今季不調だからなあ。。。田口の怪我が痛い。


・そんな状況だからこそ、そろそろ濱中を見たいと思っている超ごく一部の方へ。ファームで2割3分、しかも守れない外野手を使う勇気はない。


・ところで、カブレラの体がまた少し大きくなったのは気のせいだろうか(笑)。


・そろそろ3番後藤はお役御免としたいところだ。前も不安視したが、3番としてはキツイ。攻撃が上手くいかないせいか、持ち味の守備もエラーが目立つ(好守備もあるが)。今ならベストは3番ファースト北川だろう。


・これまた不安視したが、5番ラロッカもキツイ。ともかく弱点がはっきりしているためか、チャンスに弱すぎる。骨折しても試合に出続け、守備でも体をはったプレーを見せるなど、応援したくなる選手だが、、、


・ともかく、3連戦最後の試合とは言え、この試合で、来週も対戦が組まれている日ハムの目を覚まさせていないことを祈るばかり。



体調がイマイチだと、こんなことでしか頭を使えないのが悲しいところである。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。