イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢字の戦い
2009年09月10日 (木) | 編集 |
今、マイミク間で漢字の戦いが凄い!!



いや、正確を期すならば、「漢字の戦いが凄い!」と個人的には思っている、ということになろうか。


事の発端は少し前のmixiの変革である。mixiを初めてはや3年半ほどが経過しているが、このサイトの奇妙な点として、あるとき突然仕様が変わる、というのがある。急にデザインが変化したり、ボタン配置が変化して今までそこにあったホームボタンが5センチほどずれてみたり、それまで出来なかったことが出来るようになってみたり。。。ともかく、挙げていくときりがない。そんな中、先日ひとつのアップデートが行われた。それが、


アプリの導入


である。こう書いている私も良く分かっていないのだが、携帯で遊ぶアプリのようなものが、mixiに導入されたのである。早い話が、mixi内で他の人とランキングを争うような、そんなアプリたちである。ハイスコアを出した場合はマイミクに、まるで日記の更新が行われたかのような大々的な形で報告が行く。

当初、私は「またまた変えちゃって」くらいの認識しか持たず、当然アプリも一切放置していた。

しかし、マイミクのKさんとYが(以後、とりあえず全部イニシャルで。分かる人にはわかる)、「通信制-脳力大学-漢字テスト」というのをやりだし、あろう事か次々にスコアを更新していくのを目にしてしまった。

ソレを見た私は、何気なくアプリに進み、そして何気なくその漢字アプリを登録し、そして何気なく初めて、、、そしてはまった(苦笑)

このアプリは、単純なアプリである。コンピューターが出してくる漢字の読み仮名を書き、正解であれば次の問題へ進む。15秒以内に答えられなければそこでアウト。それまでの回答数がそのままスコアになる、という具合だ。

最初、10問ほどやった私は、


「なんじゃこりゃー(松田優作ではない)。やさしすぎる!」


と思った。

しかし、15問を越えたあたりから変な感じがちらほら。そして20問を越えたあたりで決定的に意味不明(意味は分かるものもあれば、分からないものもある。ともかくややこしい漢字)な漢字が登場しだした。蝦蟇とか、川殻とか<i>蕃瓜樹とか。。。

人間、不思議なことに、壁が大きいほど、燃えるものである。
そして、私も燃え上がった。気づいたら、何度チャレンジしたか分からない。しかも、さらに気づくと、母まで横でのめりこんでいた(苦笑)。

実は、これほど燃え上がったのには別に細かい理由がある。当初、私の記録は24問だった。ところが私の後でこのアプリをやりはじめたマイミクのMさんが、最初は10数問だったのに、気づいたら22問になり、そしてさらに26問になっていた。これはいけない。俄然張り切る私(と母、笑)。そして夜を徹して、じゃなかった、寝る前の貴重な時間を費やして、何とか26問でMさんと並び、「やれやれ、これでとりあえず眠れる」と眠りについた。

ところがである。翌朝、パソコンを開いてみると、Mさんの記録が27問になっているではないか!

これはいけない、負けていられない、というわけで、その日も再び夜にトライ。しかし、どうしても超えられない。そうこうするうちに、MさんはKさんやYの30問、31問というスコアを乗り越え、36問でマイミクトップになってしまった。
一方の私は、いまだに26問でストップしている。ただただ浅学非才のみを嘆くばかりである。



しかしどうも私には

「20問の壁、25問の壁」

というのがあるらしい。なにやら21問目、そして26問目になると、わけの分からない漢字が出てきてアウトになってしまうことが頻繁にあるのだ。

だが、そんなことは言っていられない。数日前からはマイミクのOさんも参戦し、すでに24問をクリアしている。
だんだん尻に火がついてきた格好だ。
海外に行くまでの間に、何とか30問を超えておかなくては。


さあ、今から少し始めるとしよう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
>20問の壁、25問の壁

これ確かに絶対あるよなあ。
25問あたりになると、知らない植物の名前とか出てきて終わる。
「ヘラオオバコ」って何?みたいな。
36問、うーん、辿り着きたい…。
2009/09/10(木) 11:15:40 | URL | i #JalddpaA[ 編集]
i
> 25問あたりになると、知らない植物の名前とか出てきて終わる.

まさに(笑)。そもそもこのあたりになると、「え、何それ?全然聞いたことない」的な言葉が続出するよね。やっぱりプログラム的にどういう問題を出すのか、決まってるんだろうなあ。個人的にしょっちゅう目にするのが「鏡餅」。

しかしiは30の壁を越えているわけで、やっぱり25の壁を一旦越えないと、次の壁まではたどり着けない、ということかな。
2009/09/10(木) 11:31:54 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。