イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留守電アリ
2010年03月23日 (火) | 編集 |
今日は一日部屋で作業。

本当は、もっとゴロゴロと休んでいたかったのだが(実際疲労度はかなり高い)、諸事情でやらねばならないことが出来てしまったので仕方ない。とはいえ、倒れては元も子もないので、ほどほどに。


ところで、当初は明日、ロンドンでマイケル(くどいようだがジャクソンは一切関係ない)の自宅に伺う予定だった。
が、今日、私が顔を洗っている間になにやら彼から携帯に着信があったらしい。見てみると、ヴォイスメール、つまりいわゆる留守番電話が入っていた。聞いてみると、足の具合が再び悪くなってしまったので、できれば会うのを少し延期したい、とのこと。私は別に今週用事がなかったし、また上記諸事情でやることもあるので、全然問題ない。折り返し、その旨を電話で伝え、改めて26日金曜日に会うことになった


しかし、凄いのはマイケルからの留守電である。聞いてみたのだが、


「なんか凄い長い!」


どう考えても、2分以上しゃべっている。普通、留守電は30秒と相場が決まっているのに、なんと長い!!
しかも、よく聞いてみると、用件を最初に言い、中程でまとめ、最終的にもう一度電話の内容を要約するという三段構え。まさに、「先制、中押し、ダメ押し」の勝利の方程式を思わせる留守電に、思わずうなった。うーむ、流石チャッティーなマイケル。



タイトルの元ネタは、『勝算アリ』(折笠富美子)。あれ、このタイトル、前も利用した??しかし、どんな曲か全く覚えてない。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。