イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴天
2010年03月02日 (火) | 編集 |
今日は朝起きてカーテンを開いた途端、




目もくらむばかりの日光が!!!




これほどの明るさを感じたことはここしばらくなかった。というか、イギリスの天気は(特に冬)極めて微妙な天気が多く、「快晴」と言える日は数えるほどしかない。今日はどうもそんな数少ない「掛け値なしの快晴」だったらしい。出不精の私ではあるが、流石にこの天気で部屋にこもるのは精神衛生上宜しくない。

というわけで、今日は昼前から大学の図書館で勉強してきた(笑)。
出かけても室内かよ、というツッコミはともかく、自転車に乗って爽やかに大学へ。これくらい天気が良いと、自転車も乗りやすい。図書館の前で自転車を止めると、まずは食堂へ。

いつもはここでメインミールを食べるのだが、今日は少し趣向を変えて、サラダとチップス(ポテト)だけを食べることにした。「だけ」というが、騙されてはいけない。この食堂のサラダとチップスはそれぞれ白いお皿(ボゥル)を取って自分でそこに盛り付けるという形を取っているが、どれだけ取っても決まった値段なのである(ちなみに前者2ポンド、後者は1ポンド)。器自体はそれほど大きくないが、それでも結構入る。結果、サラダとチップスだけで十二分に満腹感を味わうことができた


こちらに来る前からわかっていたことであるが、私はこの「チップス」という食べ物がかなり好きである。私と飲みに行ったことのある人間であれば、私がたいてい「フライドポテト」を注文することに気づいているだろう。もともと、あのポテトがかなり好きなのである。「フィッシュアンドチップス」に代表されるように、イギリスの代表的な料理の一つがチップスであり(というか、他あんまりない)、どこに行っても大体チップスを売っている。そして案の定、私はどこへ行っても大体チップスを食べているのである。


(註:言うまでもないと思うが、「チップス」と「フライドポテト」は同じである。アメリカではチップスと言うと、いわゆるポテトチップスのような平ぺったいモノを指すが、イギリスでは棒状のポテトのことをチップスと言うのだ)。


かくて、サラダとポテトでお腹を膨らせた私は、満腹感とともに必然的にやってくる眠気と闘いながら、3時間ほど読書に勤しんだのである。どうもスティーブンソンは難しい。


4時半頃に帰寮。休憩後、夕食作りへ。











と行きたかったのだが、どうもおかしい。

なにやら、胃がとても重たいのである。なんというか、何か突っかえるような、そういう感じ。
変なものでも食べたのだろうか、と考えて気がついた。どうやら昼間にポテトを食べ過ぎたらしい。いや、別にチップスを食べ過ぎた、というのではない。分量は結構モデレートであったと思う。問題はサラダだ。実はサラダは色々なサラダを見繕って取ったのだが、その中に「ポテトサラダ」があったのである!またポテトだ!しかもこのイギリスのポテトサラダと言うのがかなり曲者で、日本のポテトサラダと異なり、イギリスのポテトサラダはポテトを潰していない(マッシュではない)のだ。言い換えれば、かなりしっかりしたゆでポテトがそのままサラダの中に混ざっている、そういう感じである。これは意外と重たい。おまけにひょっとすると、あまり噛まずに食べたのかも知れない。たくさんの芋を、あまり噛まずに食べてしまうとどうなるか、、、


実は夜はポテトグラタンを作る予定だったのだが(大笑)、流石にお腹が重かったので、胃薬を飲み、簡単なサンドイッチを作って済ませた。食べ物は良くかんで食べること、そして同じものを一度に食べ過ぎるのは厳禁、ということを改めて確認させられた一日だった。



なお、タイトルは『曇天』(DOES)より。
言うまでもなく、イギリスの天気は「晴天」より「曇天」の方が多い。昨日の天気は特にそうだった。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
曇天だー!
元ネタわかったって書こうとしましたが、Micawberさんには既にわかったってことがわかってる気がしたりしなかったり…
DOESは劇場版の主題歌も作ってくださるみたいですよーワクワク(^ω^)

というかこういう話にしか反応しなくてすみません…。
イギリスの話もいつも楽しませていただいてますよ…!!
2010/03/02(火) 09:11:08 | URL | himeichigo #-[ 編集]
Re: 曇天だー!
いやいやいや、わかったらどうぞ遠慮なくじゃんじゃん反応して下さい。

劇場版といえば、以前、劇場版予告編と言うのを作って、実はそれが壮大な嘘だった、というのを『銀魂』はやったことがあると思います。僕は噂には聞いていたのですが、それを見ることがなく、しかし何故かその映像をYoutubeでこっちに来てから見ました(苦笑)。見てみると、その時のBGMも『曇天』で、これがまた、異様なまでに合っていましたよ。もしまだご覧になっていないならば(見ているような気もしますが)、一度見てみることをお勧めします。嘘なのに(だからこそ、と言うべきか)無駄に出来が良く、Youtubeやニコニコ動画のコメント欄にも、こっちの方を本当に映画化したら良いのに、という声が多数見られるほどでした。
2010/03/02(火) 22:15:32 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。