イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして僕に書けるコト
2010年02月04日 (木) | 編集 |
いやほんと、もうしんどいよ。

というのはエッセイのお話。


今日は授業があって、Bleak Houseのセミナーを二時間受けた後、5時からのミュアリエルスパークに関する講演をパス、即効で寮に帰って明日提出予定のエッセイの最終修正を開始。

ピザで夕食をとって、プンとダイエットについて話をした後(ちなみに彼女はだいぶ痩せました)、再度エッセイへ取り掛かる。

が、、、



案の定、書けども書けどもなかなか終りが見えてこない。
と言うか、この段階でどうやって直したらいいか(英語的にね)分からないところが出てきたりして、つくづく自分の語彙力の凡庸さに腹がたってくる。もう少しマシな文章は書けないものか。。。



で、そんな中、今少し気になっているのがこちら。


White Smoke


いわゆる、インターネット対応の英文修正ソフトらしい。
この前からこのブログの広告欄で踊っていて、どういうものか気になっていたのでネットで色々調べてみたら、上記のようなことだった。

正直、ワードにひっついている英文修正能力は9割型邪魔なだけなので、このソフトも別にそんな言うほど凄いものとは思えないのだが(というか、サイトにある手紙の例とか、「いや、このサイトを翻訳したスタッフの人の英語力に問題があるだろ」と思わせるような使用者の感想文を見ていると、気分的に萎えてくる)、自分の英語力、特に書く能力をアップさせるコトに関しては極めて強い関心があるので、一体どんな感じなのだろう、というのは気になる。

身近に誰か、試してみたという破天荒な人がいたら(いないだろうけど)、ぜひ感想をお知らせ下さい。


あー、はやくハーディー(エッセイのネタ)の呪縛から解き放たれたい!

内容のない記事でスイマセン。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。